--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道自転車旅行10日目 知床観光へ

2012年03月19日 18:28


北海道自転車旅行 10日目 
8月28日


四国行ってきましたけど北海道編は続きますw

旅行10日目スタート。
午前5時起床。
相変わらずテント内は暖か外は肌寒。ようするに結露している。防波堤ドームでの結露しなかった夜が懐かしい。
今日は知床の岩尾別ユースを目指して走る。なんだかんだでまともなお宿はこの旅初だ。
距離的には昨日前倒しで走っているのでたったの55キロ程度。知床で観光する気満々である。

さっさとテントをたたみ出発。天気は良し。

しばらく334号を快走すると↓のような分岐。
11北海道10日目1
何も知らない人ならまず右の道は選ばないが何かを知っているので右を選びますw
良い景色を見るためには坂を登るものですよ。

てっぺんからの景色。
11北海道10日目2
11北海道10日目3
ここは特に名前の無い場所なのですがツーリングマップルなどで展望台として紹介されてます。
写真では分かりにくいですが西側への道がず~っと続いて見えてなかなか爽快~♪
一応展望台もありますが道路の真ん中のほうが綺麗ですね。車来ませんし。

分かり難いとはいえど伝えたい(笑 ということで↓クリックで拡大。
big1

満喫したのでさっさと知床へ向かいます。・・・・・・と、思って下ろうとしたら先は上りorzアレ~?
展望台より上ということは更なる展望が期待できるのでは!?

・・・・・・
11北海道10日目4
展望台がポコっと出てて良く見えぬ!

ということで登った分をさっさと下って知床を目指します。

↓知床方面へのくだり。海へダイブしそうですね~(笑
11北海道10日目5

下りが終わり左右が木々に囲まれた道を過ぎると左が海に面した道へ。
ココで鷲が目の前のガードレールに止まったのであわててカメラを取り出すといつの間にか空へ逃げてました。
近くまで来てはくれるんですけど写真に収める時間はくれぬようですw


しばらく走るとオシンコシンの滝。
11北海道10日目6

滝の看板の前で観光客相手に写真を撮ってくれる方がいたので
「自転車も一緒にいいですか!」と聞いて自転車を担いで看板の前へ↓
11北海道10日目7
写真を撮ってもらうと自動的に横の一眼を持った方が別に1枚とって
階段下の営業の人が記念写真として売りつけるシステムらしいですね。
自分のカメラで撮ってもらったので満足なので当然買いませんw


オシンコシンの滝を過ぎてすぐには三段の滝なるものもありましたが一箇所から眺めて同時に3段は見えませんw
そんな滝より目を引くのがコチラ↓
11北海道10日目8
後に知ったのですがコチラ亀岩と名称がついているようです。
見かけたときは脳内「ガメラだ。ガメラだw」でしたがw

亀岩を過ぎて少し行くと道の駅「知床・らうす」。
この道の駅では太陽光パネルを駐車場内に設置してあってトイレ前のパネルで発電量をチェックできます。
流石知床付近の道の駅です。

道の駅内の観光案内でココ一週間の天気を聞くと明日はどうにか良い天気のようです。
これで安心して知床付近で一泊できます。
ちなみにこの観光案内で宿のチェックもできますのでなかなか便利なトコですよ。

知床の根元にある岩尾別ユースに電話をしてみると夕食をとるなら17時半までにチェックインとの事。
五湖へ行くかどうするか。ウーム、と迷った末父から知床岬への観光船を勧められていたのでせっかくなのでゴー。
五湖は明日の朝一で行けばいいじゃない。

というのが11時半。フェリーは13時15分から、ウーム。セイコマ行ってからオロンコ岩でも見てきましょう。


↓オロンコ岩を登る途中。
11北海道10日目9
なんだこれ青っ!
能取あたりも綺麗でしたが流石知床!(2回目

↓頂上より。
11北海道10日目10
浅瀬が緑色に見えて綺麗。いやー岩自体はもうどうでもいいですね~(笑


↓ゴジラ岩
11北海道10日目11
まぁゴジラと言われればゴジラですねw
自分ガメラ派なんで亀岩派です(笑



さて船は「ゴジラ岩観光」の3時間知床岬コース。お値段8000円。行きのフェリーに匹敵する?うるせいやいw
船からの写真はこれでもかっ!というぐらい撮りましたがどれも似たようなものばかりなのでほとんど割愛。
だいたい↓このように陸地に沿って名所を解説していってくれます。
11北海道10日目12

この船で水をかぶったのもまぁいい思い出ですねー。かぶったの自分だけでしたけど(涙

北海道といえば熊。遠目からですが船内からも時たま熊を見れます。
↓相当遠いけど小熊。1回目。
11北海道10日目13

↓小熊2回目
11北海道10日目14

ああーこの頃もっと望遠のできるカメラがあれば。(四国行きでは購入



↓目玉の知床岬
11北海道10日目15
あー先のほうの平地を歩きたい(入れません


↓北方領土
11北海道10日目16
天気が良い日だと時たま見れるらしいです。ラッキー!
ちなみに数日前ボートで北方領土に行こうとした阿呆がいたらしいですね。たしかに行こうとすれば行けそうな距離。

↓知床の山々
11北海道10日目17
形とかは似てませんけどどことなくトレーシーアイランドっぽく見える。
きっと山が開いて2号が出てくるぜ(無い

帰りは解説なし低速無しの一直線帰り。
最初は今まで見たところを再度眺めていましたが疲れがきたのか眠くなったので船内の椅子に座ったらZZZ・・・


はっと、気づいたら港の近く。周囲の椅子には船を漕いでる人々で一杯。帰りは寝るものなのか(笑
船を下りると時間は16時。ユースまであと1時間半でつかねばなりません。
船内からみた景色からだとユースまではアップダウンがありそう、かつ迷う可能性もあるのであまり悠長にしてられません。

ということでしばらくは海沿いを登り。・・・と思ったら鹿!旅初鹿!
わー!わー!!わー!!!っとか思っていたらなんでしょうこいつら。
↓近づいてもまったく逃げない。
11北海道10日目18
奈良の鹿もそうですけどありがたみ無いな~(笑
11北海道10日目19



知床横断道路をはずれ93号知床五湖方面へ。
11北海道10日目20
傾斜も緩やかで景色も良い。走っていて気持ちの良い道です。


↓しばらくすると急な下り。
11北海道10日目21
これを明日登って戻るのか~なんて一瞬思いましたが脳内から振り払い
ユースが近いはずなのでGPSをオンにして位置情報を確認。

・・・・??できない。そう圏外です。
天下のドコモさんでも知床には電波塔は建てられないのですね。
まぁここまで1度も圏外になったことに無かったので良い仕事でした。

とはいえ地図が見れないわけではないので場所を確認。急坂を下りきったところにそのユースはありました。

↓岩尾別ユース
11北海道10日目22

↓看板犬のサートン氏。
11北海道10日目25

岩尾別ユースの素泊まりが3900円。さらにお任せの夕食で+2000円。
カレーだったら+600円だったのですがそろそろしっかりしたものを食べたかったので贅沢にお任せ。
とはいえ北海道ではセイコマさんでおいしいものをずいぶん食べてますがw

ユースのペアレントさんはアレ?同年代じゃね?ってくらい若い方でした。いやー北海道の女性は美しいねw

↓この日のお部屋はコマクサ。
11北海道10日目23
宿泊人数が少ないからか4人部屋を一人での使用です。(ベットとかはワンセットですよ

とりあえずユース内の公衆電話で生存報告。普段はツイッターのほうで確認してるはずですがココ圏外ですからね(汗
公衆電話はテレフォンカード専用。この年の頭まで携帯電話というものを持っていなかった私にとっては常備品の一つであるw
どうでもいいかもしれませんが公衆電話って見ると使いたくなりません?(笑

風呂で一服し夕食へ。

↓お任せ夕食
11北海道10日目24
旅始まって以来の豪勢な食事です!ジンギスカ~ンw

この日の宿泊者私を含めて4名での食事です。ご年配のおじ様にお姉さん2名。
旅なれた方々で色々な地方の話を聞けました。
おじ様はなんと自転車乗り。適当なところに車を止めてマウンテンバイクで走りたいところだけ走っているらしいです。

日が暮れると星が綺麗だというので外へ。
そこには一面の星空。
街灯なんてまったくなくて聞こえるのは川の音だけ。ほんのり冷え込んで半袖の状態では少し肌寒い。

外でゆっくりした後、急に眠くなったので明日も早い。私さっさとベッドへもぐりこんだ。


●今日のルート



●支出
食費 2254円(非常食買ったので許してw
観光船代 8000円
ユース宿泊費(夕食込み) 5900円

合計 16154円

北海道自転車旅行9日目 絶景の能取岬へ

2012年02月01日 17:14


北海道自転車旅行 9日目 
8月27日


ずいぶん間が空きましたが9日目スタート。

キムアネップ岬の朝焼け。
11北海道9日目1

11北海道9日目2
朝5時代。丸石乗りとともに岬先端方面で撮影するも蚊がねw
相変わらずこの岬は蚊だらけ。朝だからって容赦は無い。そそくさと撮影しテントを崩しにかかる。

キムアネップ岬は前回の旅行記にも書いた通り朝日、夕日の名所。どちらも見れるとはなかなか贅沢。
料金は血液になります。

蚊から逃げてトイレに逃げ込む。個々の施設は管理棟からトイレまでしっかり扉があるので蚊から身を守れる。
と、同じく避難していたライダー。みな朝日を見るために早起きですな。
このトイレのながしの下にはコンセントがあるのでライダーさんと延長コードで共有。出発までケータイを充電。

そうしている間にも朝日は昇る。
11北海道9日目3

5時50分出発。良い場所だったけど夏にはもう来たくないかも(笑
当初の計画では今日はキムアネップ→網走→能取岬(能取半島一周)→網走で民宿ランプ別館に泊まる予定。
でもそうすると80キロぐらいしか走らない。ウムム・・・。

考えてもしょうがないのでとりあえず網走方面へ。
丸石乗りは網走→斜里→摩周を考えているそうで一緒に走ることになりました。
11北海道9日目4
あー泥除けいいな。キャリアつけるためとはいえとってしまったのが悔やまれる。次の旅はキャリアなしで行きたいものだ。

ここからオホーツクサイクリングロードに乗って網走を目指します。
このサイクリングロードは地図上ではサロマ湖付近から伸びていますが実際にあるのは能取湖沿いからのようです。

途中でサロマ湖の碑のようなものがあったので止まって撮影。丸石乗りとはここでしばしの別れ。
11北海道9日目5


綺麗に影が映るのでふざけてポーズをとる。まちょっめん。
11北海道9日目6

しばらくして238号と7号の交差点のセイコマで朝食。
ここで丸石乗りに追いつく。当然食事はコスパ最強のパスタとビッグな100円アイスクリーム。
食事中に先に丸石氏が出発。続いて私も。


しばらく走るとオホーツクサイクリングロード入口。大変わかりやすい看板なので間違えることはないでしょう。
11北海道9日目7

北オホーツクと比べてしっかり整備されていて走りやすい。というかあそこが特殊だったのだろう。
11北海道9日目8

左手には能取湖。太陽の位置的に写真が撮りにくい。
11北海道9日目9

行く先。このサイクリングロードは林と野原(?)で構成されてるようですね。
景色が開けたり林に入ったりでなかなか面白い
11北海道9日目10

林の終わりが見える。(+疾走感
11北海道9日目11

すぐに次の林ですけどねw
11北海道9日目12


先行していた丸石氏に追いつくと林内でキツネに出会ったらしい。う、羨ましい!

私もキツネを見つける。こいつは触っても平気ですw
11北海道9日目13

サイクリングロード中には旧線の跡としてこんなものも。
11北海道9日目16

男の子は昔機関車大好きでしたよね。大井川鉄道とか昔連れってってもらったなぁ。
セルフタイマー使用時は恥ずかしくないのでかっこつけますw
11北海道9日目17

SLからすぐのところが能取湖サンゴ草群生地。
なのですがなんでも最近土を入れたらしくシーズン的にはあっているはずなのにほとんど土の色。
長い目で見ればいいことなんでしょうけど一面の赤が見れず残念。

それでも何もないのが北海道のいいところ。
11北海道9日目19

そんなふうに写真を撮っていたら再び丸石乗りに抜かれる。
彼はゆっくりな走りなわりにあまり寄り道しないようなので結局ワンデイの走行距離は私と同じくらいなのか。


サイクリングロード内湖眺橋から見た網走湖。
どんな橋かと楽しみだったが普通の鉄の橋。ん~展望はいいけどね。
11北海道9日目20

ロードを抜ければ網走。
急に車通りが多いので結構焦る。途中刑務所の看板を発見したので予定にはなかったが寄ってみることに。
下調べなしで来たので特にすることはない。時間的にもまだ9時過ぎ。良くわからないので1枚写真を撮り撤退。
だれもいない刑務所前で一人でいるのは案外怖い。何も悪いことをしてないのに居心地が悪いw
11北海道9日目21

9時40分、網走駅到着。
11北海道9日目22
さてここからが運命の分かれ道。当初の予定ではこの後は能取半島を一周して終了。しかし現在9時40分。
一周しだけならお昼過ぎで終わりそう。
と、まぁ悩んだ結果。能取岬までは行って帰って、そのあとは斜里方面へ行けるまで行く!
野宿地、宿は決めない!ヒャッハー!(疲れがたまりおかしくなっている

能取岬へGO。
岬への一本道と斜里方面の道の交差点でルゴーザエクスプレスで会ったライダーと再再開。
岬への道は結構坂があるらしいのでどの程度だったか聞くと坂はあるけどそこまで大したことないという。
ふーん。ライダーの坂の感覚はあてにならんからな~(じゃあ聞くなw

……

まぁ予想通り。坂しかないですよねw
昇ったり下ったりを繰り返すので結構空きます。昇る割に景色見えませんし。

だが岬付近の道は最高!!
11北海道9日目23
この坂下る時、前方の道が海で途切れてるように見えるんですよ。なのでブレーキかけないと海に突っ込みそうな感覚にw
ということでこのカーブを曲がると能取岬。ここの見せ場はほとんどこの坂ですが。
11北海道9日目25


何もないがある。いい天気でよかった。
11北海道9日目24
11北海道9日目28
いいカメラを欲しくなった。

帰りも同じ道。気持ち行きよりは坂が楽ちん。
休憩がてら海岸に寄る。きれいな海と言われると南を連想するが北も綺麗だ。
11北海道9日目29


↓私の愛車はどれでしょ~(笑
11北海道9日目30


12時02分
網走に戻るとまだお昼。さて斜里方面までどのくらい行けるかな。
と、その前に網走の風景印をいただく。
11北海道9日目31
なぜツシマヤマネコなのかは突っ込まないでください…

この後ミスド100円セールを発見し入店。どこ行ってもやることは変わらない。
甘い甘いドーナツを食し再出発。

が、眠い。
このところ日が落ちたら寝る昇ったら起きるを繰り返しているので全く問題ないはずだが糖分を過剰に摂ったためかとても眠い。
それでもこんなところで寝るわけにもいかないでペダルをこぐが同時に船をこいでほぼ沈没状態。
いつの間にか目を閉じて自転車をこぐ始末w危ねえ!!
よろしくないんだろうけど案外走れますw

とまぁ気づいたら有名な北浜駅に。10キロ近く眠気の中走ってたのか。
11北海道9日目32
北浜駅は無人駅。という名のレストラン。
中に食堂があります。

こちらはホーム側。入れていいのかはわかりませんが駅舎を通らなくても入れるので自転車も入れます。
11北海道9日目33

ちょうど列車が来たので1枚。
11北海道9日目34

てっちゃんではありませんが古い線路って素敵ですよね。
11北海道9日目35

駅舎横の展望台より網走側。
11北海道9日目36
同じく斜里側
11北海道9日目37

目を覚ますため食堂でアイスクリームを食べ出発。食べすぎだな。
線路沿いに東へ。
海を見ればかすかに見える知床半島、行き先に見えるは山。
途中道の駅で今日知床を超えてここまで走ってきたという学生に遭遇。この時間で峠越えて100㌔近く走ってきたのか。
タフネスだな。というか知床行ったのに観光なしかw

浜小清水駅付近から244号は少し陸側に入る。車通りの多い道を進んでも楽しくないかと思いあえて細い線路沿いの道へ。
街灯も無ければ建物もない、無い無いずくしのいい道だなぁ。
と、思っていたら急に大量の鳥が飛来。通り過ぎて行ったと思ったら今度は大量の羽虫!
走っていると体にぶつかって服が羽虫でびっしり!顔にあたって走りずらい!!
払いのけても払いのけても虫だらけ。もう無心でとばしてきます。
なんとか到着次の駅。止別駅。ここも無人駅。
11北海道9日目40

羽虫はもう嫌なので244号への合流ルートへ。
11北海道9日目41

ここまでくれば斜里は目の前。しかし今日の宿泊地は未決定。
斜里についてからは野宿場所を探すも結構街中であまりいいところが無い。
道の駅もお祭りの準備をしていてこっそり寝る場所はなさそう。
道の駅にはフリーのネットコーナーがあったのでそこで宿泊場所を探す。
駅前にはビジネスホテルもあるがお高い。斜里から少し戻るがクリオネキャンプ場というところがあるらしい。
ライダーハウス兼キャンプ場らしいがあまり評判がよろしくないため今回はキャンプ場の方を利用することに。

夕食を先に調達。セイコマ前で食事をしていると同じくクリオネに行くライダーと遭遇。彼はライダーハウス側に泊まるらしい。でも話を聞くに料金がキャンプ>ライダーハウス。かわった宿泊地だ。
クリオネキャンプ場入口。
11北海道9日目42
このキャンプ場は温泉も利用できるらしいのでひとっ風呂。なんか海ブドウみたいのが浮いてましたが仕様なそうです。

この日も日が暮れると同時にテントへ。まだ8月だが北海道の夜は冷える。
丸石乗りは結局サイクリングロードで別れたままだ。縁があったらまた会えるだろう。

明日は知床で観光予定。宿泊地も屋根が付いたところをそろそろチョイスしたいところ。

今日は思いのほか濃い1日であった。


今日のルート





●支出
・食費
→2517円(食べ過ぎ

・クリオネキャンプ場

→300円

・切手
→80円

・計 2897円


北海道自転車旅行8日目 ~蚊の湖~

2011年10月16日 19:14


北海道自転車旅行 8日目 
8月26日


旅8日目、道の駅おこっぺのルゴーザエクスプレスからのスタート。
天気は晴れ。昨夜の予報は大きく変わったようだ。流石北海道、先が読めない。

列車の外は霧だらけであった。
11北海道8日目1


列車内の寝心地はまずまず。
きっととても快適なのだろうが横にいたおじさんの口臭が臭いのと夜中に何度も起きるので安眠はできなかった。




↓丸石乗りの人。とてもイケメンである。
11北海道8日目2
天気回復でガッツポーズを決めた仲である(笑
同じ方向へ走るのでいずれまた会うであろう。



今日の予定はサロマ湖の中の岬、キムネアップ岬まで。距離も100㌔程度しかないので途中にサロマ湖展望台に寄ってみよう。

出発~
11北海道8日目3




天気が良いと無条件で気分も良くなる。それが北海道!
11北海道8日目4


天気が良いせいか寄り道をしたくなる。ということで沙留岬なるところへ寄る。

が、岬がどこかよくわからない。
漁村のようなところでウロウロしていると漁師のおっちゃんに声をかけられた。
岬がどこだか聞くと反対側に走ってきていたことが判明。
仕方なくもと来た道を少し戻ろうとするがおっちゃん曰く「なんもねえとこだぞ」

おっちゃん、北海道は何もないのを楽しむんだぜww


沙留岬着。
…なにもねぇぇ。

昨日の神威岬はまだ灯台があってよかったがここは何もない。
雑草があるだけだ。
おい、だれだ何もないのを楽しむとか言ったやつ。

くやしいので岬を後にして走っているとそこそこのビューポイント発見。
11北海道8日目5


ビューポイントから振り返るとブイでできたドラ●モンらしきオブジェ。かわいらしい。
11北海道8日目6
………かわいらしいか?
11北海道8日目7


沙留をあとにして紋別市街へ向かう。


紋別についたのが8時半くらい。
郵便局は9時~なのでセイコーマートで時間をつぶしているとルーゴーザエクスプレスで一緒だったライダーに追いつかれた。
このライダー昔は自転車に乗っていたらしくランドナーいいねーなどと言っていた。
若そうに見えるのだがランドナー詳しい世代?そんなこと言ったら私も異端か。
「自転車→バイク」の構図の人は案外多いようだ。

時間になったので別れを告げ郵便局へ。

紋別風景印!
11北海道8日目8



紋別市街の南海沿いにあるのが流氷科学センター。
当然寄ってみる。

だが入館料を見てびっくり。750円!?・・・・ヤメヨウカナw
などと思っていると係員のお姉さんが「学生なら150円で平気ですよ」とのこと。
学生と一般の差が大きすぎないかw
ということで150円で入場。

カレイドスコープなどいろいろとありましたが省略。

↓クリオネ
11北海道8日目9


↓-20℃の部屋。コート借りないと夏服では辛いです。
11北海道8日目10

11北海道8日目11
ニジマスってこんなに大きかったっけか?


自転車のもとに戻ると隣に自転車が停めてあったがスルー。


↓カニばさみもとりあえず1枚。
11北海道8日目12
実は私蟹は好きではないんですよw家族で食べてても私の分だけ毎回用意しないでもらうぐらい。
なんででしょうね。



ため息が出るような天気。やっぱり晴れは良い!
11北海道8日目13



途中、トトロさんと遭遇
11北海道8日目14


サロマ湖道路を行く。
11北海道8日目15


サロマ湖の塩っぽい香りがしはじめて気が付く。
道を間違えた。
238号で湖南を走ろうとしていたが途中で曲がるのを忘れたようでサロマ湖西側面を北に向かって走っていた。
湧別中学校あたりの238号の交差点は初見殺しである。

地図を見て238号へ復帰する。
このあたりから天気が怪しく。この雲は雨を降らす雲だ…。


↓降ってきました(涙
11北海道8日目16

避難したのは道の駅「愛ランド湧別」
すこし濡れましたが本降りになる前に駆け込めました。

↓丸石乗りも避難してました。再開。
11北海道8日目17


ここに避難した時刻がだいたい12自30分。
雨は弱まることなくむしろ強くなってきています(汗

しかたなく丸石乗りと共に屋台でジャガイモ揚げやアメリカンドックを買い昼食に。

1時間後 雨

2時間後 雨

3時間後 少し弱まる

チャンス到来!
まだ止んではいないもののもうこれ以上ここにはいられない。
丸石乗りに「もう出るの」と言われながらもサドルにビニールをかぶせるだけの雨装備で出発。


↓サロマ湖
11北海道8日目18


どうやら私の読みは正しかったらしく走り始めるとだんだん雨は止んでいった。



↓道の駅サロマ湖。どうしてこうなったw
11北海道8日目28
ここのソフトクリームはなかなか盛りがよかったです。



道の駅近くでホクレンフラッグを入手!
11北海道8日目19
昨年バージョンですが拾ったからにはつけるしかない!




サロマ湖に光がさす。
11北海道8日目20
このあたりには蚊が結構います。だれだ北海道に蚊はいないとか言った奴。


キムアネップ岬キャンプ場到着!
11北海道8日目21
写真左のおじさんが管理している方。
この人曰はく「本当に泊まるの?どうしてもっていうなら止めやしないけど。」
というのもここは夕日朝日の名所であるとともに蚊の名所(?)であるw
おじさんと会話している間にも体には大量の蚊が群がりおじさんの話には羽音のノイズがかかるほど。

ここは人が寝るところではない!

などと思いもう少し走って民宿に泊まろうかと考えていると丸石乗りが到着。
あなたもここに来たか。

丸石乗りにも勧められここでキャンプすることに。蚊の猛攻に耐えて綺麗な夕日を見るのだ!!

日が沈むまでさっさとテントを立てる。この間にも体の周りには多くの蚊!
横でテントを立てている丸石乗りの方を見ると蜂に襲われているような蚊の雲ができている。
私も同じ状態である(涙

ここの蚊は逃げない。蚊はたたこうとすると逃げるのが普通がこいつらは違う。
いくら体をくねらせ体を手当たり次第たたこうとも逃げようとせず特攻してくる(涙
顔の前で手をたたけば次々に蚊が落ちる(涙

以上でここの蚊のすごさがわかっていただけだろうか(涙涙


以下、この蚊の中動き回りながら撮った写真。

11北海道8日目22



11北海道8日目23



11北海道8日目24



11北海道8日目25



さて、夕食と思ったが手持ちがない。道を間違えたせいで補給ポイントがなかったのだ。
ここから一番近い商店は片道5キロ。走る気はしないw
などと思っていたら丸石乗りがラーメンを作ってくれるという!昨日のカロリーメイトのお礼だそうな!ありがたや!

11北海道8日目26

作っている最中にライダーがやってきてホタテ肉まんを私たちに1つずつくれた。
私たちの様子を見て買ってきてくれたのだという!

旅人に悪い人はいない。



11北海道8日目27

テント内で食事をした後すぐに就寝。テントの外にはいられない。血がなくなってしまう。







8日目のルート




●支出
・朝食(セイコーおこっぺ)
→314円 
・補給(セイコー紋別)
→90円
・切手(紋別)
→50
・流氷科学センター
→150円
・ソフトクリーム(道の駅愛ランド湧別)
→250円
・鳥から×2 芋揚げ アメリカンドック(同じ)
→700円
・飲料(同じ)
→150円
・ソフトクリーム(道の駅サロマ湖)
→250円

計 1954円







北海道自転車旅行7日目 ~何も無い道中~

2011年10月09日 12:55


北海道自転車旅行 7日目 
8月25日


朝6時頃テントから出ると外はほんのり朝霧に包まれていました。

今日は道の駅おこっぺまで向かいます。
距離は100㌔ちょいなのであまり急ぐ必要はありません。なのに道中に見どころがあまりないのが残念。

↓看板にたてかかる自転車
11北海道7日目1
こういうところに置くのはどうかと思いますね。ここで写真撮る人もいるんですよ~。

朝食は昨日と同じセイコーマートへ。
ここで朝食をとっているとライダーに話しかけられました。

なんとフェリーで一緒だったライダーとの再会!
このひとは確か「名高い大学の人」w(1日目参照)
苫小牧で私たちと別れた後時計回りで回っているらしいです。追いつかれてしまったw
自転車でも早いね~と言われましたがバイクには負けますよw


朝食を終え走り始める。

↓山に靄がかかっていて綺麗でした
11北海道7日目2


まずは神威岬に向かいます。
今日の道中、先も言いましたが何もないですw

↓オホーツクラインのトンネル前で左折してしばらくすると神威岬。
11北海道7日目3

海側は普通の海です(汗
特に感動的な場所ではないですが自転車ならトンネルを回避できるのでこちらを通るべきでしょう。
距離はあまり変わりません。



↓岬で写真を撮っていると1人のライダーが。
11北海道7日目4

この方、神威岬を見に来たのだがどこだかわからず通り過ぎてしまったとの事w
まぁ下調べなしではこれが岬とは思いませんよね。

なんでも神威岬という名前の岬は北海道にもう1つあるとの事。(←無知)
ライダーさんは見てきたというので写真を見せてもらいましたが圧倒的にあちらの方が良いですw絶景です。
場所を聞くと小樽あたりらしい。
…小樽…nowloading………・・・・遠い!!(←無知
予定ルートにありませんし札幌の南付近なのでもう行くことはありませんorz

そんな話をして私が先に出発。また会いましょうとの事。旅はやっぱりこういう仲間がいると楽しいですな

オホーツクラインの合流点から少し走ると公園の看板。折角なので入ってみよう。

↓北見神威岬公園
11北海道7日目5
碑石のバックに見えるのが神威岬。さきほどいた所です。

と、写真を撮っていると、
「あ、やっぱりきてましたね!」

先ほどのライダー再びw
「あの岬に来てるくらいだからここにも寄ってると思いましたよ~」
あんたもなww
またどこかで会うでしょうということでまた私が先に出発。

後に手を振りながらぬかされてそれ以来彼に会うことはなかった。なんか寂しい。

しばらく何もないような道を走り続けるとウスタイベ千畳岩なる所に。
11北海道7日目6
11北海道7日目7
まったく下調べがないのでよくわからないまま写真だけ撮る。
雰囲気は映画の最初に出る「東宝」っていうののバックみたいな感じ。


天気も良くはないので先を急ぐ。


↓オホーツク海がバックの牛たち。
11北海道7日目8
11北海道7日目9

グリーンヒルウインドファームの牛とは違い人に全く興味を示しませんでした。

ここら辺は本当に書くことがない。何もない所なのだw

雄武へ到着。
↓なんとなく風景印があるかなーと思い郵便局へ行ったらあった。
11北海道7日目14
郵便局のお姉さんに頑張ってと励まされ元気が出る。
寒いですね~と話を切り出すと「そうですか?ちょうどいいくらいですよ(半袖」
流石道民。

この後、日の出岬も見ていこうかと考えるが雨がパラリと降り始めたのでこれはイカンと思いパス。
ちょっとアップダウンして興部に到着。

↓道の駅おこっぺのルゴーザエクスプレス
11北海道7日目10

11北海道7日目11

この列車はなんと無料で泊まれる宿泊施設。
中は扇風機、コンセント完備の旅人向け仕様。わかってるではないか興部。

ここについたのが15時30分。ちょっと早く着きすぎました。時間のもったいなさを感じながらもここでの宿泊を決意。
宿泊手続きが17時からだったのですこし時間をつぶそうと自転車を駐輪場(屋根付き)に持っていく。

↓自転車仲間キター
11北海道7日目12
そこに止まっていたのはランドナー!それもリアキャリアはキャンピー!くれw
フレームにはtouring masutarの文字!丸石か!
ブレーキは前後違いますね。なんかサイボーグみたいw

見ただけでテンションが上がりますw

時間になって列車に入るとユーザーの方がいました。
丸石のユーザーは大学生の方。明らかに私より年上ですけど。
自転車屋で旅行用のくれと言って買ったそうです。よく在庫あったなぁ。
ブレーキは旅行中にトンネルで転倒して破損。
近くの自転車屋に行ったら同じものは無いと言われガチャブレーキになったそうです。
なんだろう自分の自転車を壊したくはないけどガチャブレーキはガチャブレーキでなんかかっこいいw

夕食はもちろんセイコーマート。
先のチャリダーさんはナスなどを近くで買い、コッヘルでスープを作ってました。

↓列車内。机は邪魔なので立ててます。
11北海道7日目13


列車内の人数は8人。自転車野郎は近くの銭湯に行ったらさっさと寝るとします。

寝る前に丸石乗りにカロリーメイトをプレゼント。なぜかめちゃめちゃ喜ばれるw
なんでも所持金が残り100円ちょいらしい。セブンで下せる地方銀行を使っているらしいのだがここ最近セブンを見ないとの事。
たしかにセイコマとファミマくらいしかない。

明日の天気は雨らしいということを二人で嘆きながら就寝。
雨だけは勘弁してくれ。

7日目のルート


●支出
・朝食(セイコー浜頓別)
→682円
・補給(セイコー枝幸)
→296円
・切手(雄武局)
→50円
・昼食(セイコー雄武)
→634円
・入浴
→420円
・夕食(セイコー興部)
→388円

計 2470円


北海道自転車旅行6日目 ~廃道のようなサイクリングロード~

2011年09月25日 14:02


北海道自転車旅行 6日目 
8月24日




朝5時20分ごろ起床。
防波堤ドームはなかなかの寝心地。もしかしたらキャンプ場の芝なんかよりコンクリの方が楽なのかもしれない。
また驚くべきことに結露がない。理由は知らないがこれほどありがたいことはない。タオルでテントを拭くのは案外面倒くさい。

外は曇り空。雨が降りそうなわけではないが宗谷岬に行くのにはちょっと残念な天気かもしれない。

さっさとテントを片付け出発。

↓野宿のしやすさはピカイチ!
11北海道6日目1

朝食は当然セイコーマート。クリミーカルボナーラは飽きないなw

今日は宗谷岬を経由しクッチャロ湖キャンプ場へ行く予定。距離は100㌔あるかないかぐらいなので気軽に~。
んにしても今朝は冷える。自転車乗ってて風が刺さる。

↓などと寒がっていると最北端のマックなるものを発見。
11北海道6日目2
完全にチャリダーの溜まり場になっているようですねw
普段マックなんて行かないのですが寒い&充電したいのでいったん休憩。(全然走ってないがな!

さて、困った。何を頼めばよいのか。
メニューを見てもよくわからないので店員のお姉さんに「コーヒーがついてくるので一番安いのください」などと注文。

コンセント近くの席で充電させてもらいつつ出てきたマフィンのようなものを食す。
もうセイコーマートで朝食は済ませているのだけれどw

しばらくして車で旅行中のおじいさんが入店。このおじいさんマックは初めてだそうで私と同じような買い方をしてましたw
近くの席に座ったのでいろいろと雑談。マック慣れしていない者同士意気投合w

おじいさんが出て行った後も少しの間充電を続けているとだんだん眠くなってくる。
暖かいところはこれが困る。
充電も90%以上の値を示しているのでさっさと出発することに。

マックを出ると外はいくぶんか暖かくなっていた。
ここから238号で宗谷岬を目指す。

途中で記念碑があったため止まるもそれ以外はノンストップ。岬まで特に何があるというわけでもない。
海はしだいに浅くなって足の長いサギのような鳥が立てるほどであった。

↓最北端宗谷岬到着!撮ってもらった人にガッツポーズを要求されたぜw
11北海道6日目3
11北海道6日目4
11北海道6日目5
↑やらないcarアングル(ウテナネタ

写真を撮っているときに赤いロードに乗ったチャリダーもやってきて一緒に碑をバックに写真を撮った。
うまく撮れていないので載せませんが。


↓100円でお決まりの証明書も購入~。
11北海道6日目6


最北端ではあるがあまり感動はなく、再出発。
天気のせい?


↓最北端の郵便局宗谷岬局!
11北海道6日目7

↓・・・・・?一輪車?ボトルゲージついとるw
11北海道6日目8
局内には家族ずれが1組。話を聞くと一輪車で北海道を走っているそうなw
お父さんと小学生の娘2人が一輪車でお母さんはサポートカー。
世の中いろんな人がいるものだ。

↓そんなこんなで最北端の風景印ゲット!
11北海道6日目44

ここで局の人に今日走る予定の北オホーツクサイクリングロードについて聞くと知らないという。アレ?
猿払が地元の方らしいのだが知らない。んーちょと不安だな。


一輪車家族に手を振りつつ再出発。

↓K.I.T.T.とK.A.R.R.が走ってそうな道(これわかる人いるのか)
11北海道6日目9
ここらへんはアップダウン結構あり旅で初めてフロントを1段下げました(←へたれ


海沿いの同じような道を走ると見えてくるのはインディギルカ号遭難者慰霊碑。
11北海道6日目10
昭和十四年の冬、ソ連のインディギルカ号が猿払で座礁し多くの死傷者をだした。
この時猿払村の住民総出で救助に向かったとされる。
猿払村は救出後も亡くなった人に対し、慰霊碑を立てたのである。
台座の石はソ連から寄贈された花崗岩らしい。

観光客などはおらず海沿いにそっと立っている慰霊碑はどことなく寂しげな雰囲気があった。
道からすぐなので是非寄ってみてほしい場所です。

横にいさりの碑なるものがあったがこちらは省略~。


慰霊碑近くの道路の反対側が道の駅さるふつ公園。
折角なので寄ってみると↓のような看板。
11北海道6日目11

ほぉぅ。日本一を名乗るからにはさぞかし自身があるのであろうな、と思い…

うまいw
11北海道6日目12
写真はすでに1口食べてます(汗
ものすごーく濃厚です!牛乳ってよりもう生クリームが入ってるのではないかってぐらいです。
日本一かどうかはわかりませんがこれもぜひ食べてもらいたい一品ですね。


↓道の駅を出発するとすぐに自転車の集団に追いつきました。
11北海道6日目13
ほっそいタイヤだなぁw
数十メーター先にも同じような荷物の人がいたのでサークルか何かかと。
この人たち平地はいい速度で走ってましたが坂になると遅いw
面倒なのでさっさと抜かせてもらいました。

しばらく走ると案内看板発見。
おーサイクリングロードの表示があるではないか。安心安心。
11北海道6日目14

北オホーツクサイクリングロードに入るため少し内陸へ。584号を通ります。


さてはて、この584号。何もない&誰も通らないwこえぇ。
車すら通らないこの道。しばらく走ると廃校が…
11北海道6日目15
猿払村立猿払小学校


サイクリングロードは猿払の町の端から始まるようなことを聞いていたので町を探す。

…町というか村というか、民家が少しある場所w

サイクリングロード入口にある看板
11北海道6日目16

入る前にクマよけの鈴と十得ナイフを装備。ビビッてますw
11北海道6日目17

↓入口。なんかもうすでに危なそうな雰囲気。
11北海道6日目18
なんか昔封鎖されてました感があるものがいくらか落ちてるのですが気にせず突入。(馬鹿ー

……ひたすら走ります。走ります。
なぜかってここはヤバイ!
入口の写真は草が左右に生えてるだけですがしばらく走ると木々が空を覆いつくし左右の草はいつの間にか人の背丈に近いくらいの大きさの蕗につまれ、路面はところどころ穴ぼこが空き、生き物の大きな糞が転がっていました(涙
さらには藪から飛び出てくるアブやらブヨw走ってると体にぶつかって服に付きます(涙
そして刺されます(涙涙

ここは写真無いです。いやもうホント怖くて。心臓バクバクで息切れしながら走ってました。

来るべきではないです。ロクに整備されてません。

しばらく走ると一般道へとの交差があったので即離脱。明るいって素晴らしいw
バックや服についた虫を振り落とし道路をさらに内陸方向へ走る。

カムイト沼到着。
11北海道6日目19
神々の住む沼ということでとりあえず謝っといた。

11北海道6日目20
11北海道6日目21
11北海道6日目22
沼にも長居はしない。ここはブヨはそんなにいないが蜂がいる(涙

走り続けると民家のある道に出たので近所のおばさんに海沿いの道に出るルートを訪ねる。

もうごめんだと思い海沿いに走り出すも途中で右に目をやると…

↓サイクリングロード再び発見w
11北海道6日目23

……突入!(馬鹿

11北海道6日目24
先のような道が来るかと身構えるもそんな道はなかった。
↑のようなさっぱりした道。

ロード中右方向に見えた景色。
11北海道6日目25
あーいいとこ来ちゃったなぁ(笑

このあとも何度か一般道と交わる地点がありましたが景色がよくなってきたのでそのままロードを行く。

↓…どっちだよ。中途半端に閉鎖しないでください。
11北海道6日目26

ブヨなどがいないわけではないがさっきよりはマシ。まだ心臓はドキドキしているが許容範囲内。


ちょっと気分がよくなって走っていると急に右側の視界が開けてクッチャロ湖が一面に見える。
11北海道6日目27
11北海道6日目28
↓つぎはぎ写真。クリック推奨。
11北海道6日目29


虫がよってくるのでさっさと走り出すと今度は廃駅を発見。
11北海道6日目30
このサイクリングロードは昔の線路の跡を舗装して作られたものらしい。


だんだん虫が減ってくる。
11北海道6日目31

「くっちゃろおおはし」なる橋に到着。
11北海道6日目32
クッチャロ湖から海へ流れる川の始まりにかかる小さな橋。なのに「おおはし」とはこれ如何に。
ここまでの景色もそうだがすべてサイクリングロードからしか見れない景色である。
最初は最悪であったが後半は虫さえ我慢すればよい道である。

11北海道6日目33
11北海道6日目34
↑橋の上は虫が出ないので休憩。

この橋を渡りきればサイクリングロードの終点はすぐ。終わりが見えた時は心底ほっとした。ホント怖いんですよ!

(゚Д゚)
11北海道6日目35
今年の4月にクマー出とるーwwww
情報遅いよw

良い子はマネしないでください。
橋あたりまでなら終点からすぐだから平気でしょうけど。

出てすぐの公園の東屋で休憩。とりあえずナイフとクマよけの鈴をしまう。

今日の宿泊地はクッチャロ湖キャンプ場の予定だったが今までの蟲地獄等々でクッチャロ湖方面に行きたくない気分に。
この東屋で寝てしまおうかと思ったが折角なのでキャンプ場の様子を見てから決めようと思い湖畔へ向かう。

↓途中で郵便局があったので風景印をもらっていく。
11北海道6日目45


湖畔到着
11北海道6日目36
はい、ここで1泊します(笑
すごい良いところだったw
大人1人200円のキャンプサイトで目の前が湖。温泉は目の前のはまとんべつ温泉ウイングを利用します。
炊事場の中にコインランドリー有。


↓ここからはクッチャロ湖に沈む夕日写真。
11北海道6日目37

11北海道6日目38

11北海道6日目39

11北海道6日目40

11北海道6日目41

11北海道6日目

11北海道6日目42

11北海道6日目43

ここの夕日は最高!ぜひとも1泊してほしいキャンプ場ですね!(手のひら返し


この日はテントを組み立てた後はセイコーマートで食事をし温泉に入り就寝。
ここの温泉は休憩室にコンセントがあるので充電可能です。テレビもあったのでゆっくりしました。

この日は最北端、北オホーツクサイクリングロード、クッチャロ湖の夕日と濃い内容の1日でした。


6日目のルート
サイクリングロードはどこを走ってたかよくわからないので勘で書いてます。



●支出
・朝食(セイコー稚内)
→338円
・最北のマック
→410円
・補給(セイコーかたやま)
→682円
・最北端証明書
→105円
・ソフトクリーム
→250円
・昼食(セイコー猿払)
→298円
・切手(宗谷、浜頓別)
→50×2円
・キャンプ場
→200円
・夕食(セイコー浜頓別)
→468円
・入浴
→500円


計 3351円







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。