--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人暮らしスタート

2011年04月05日 12:04

ピカピカの大学一回生。
幻の至宝といわれるバラ色のキャンパスライフへの扉がここに無数に開かれているのを目の当たりにし興奮半ば朦朧としていた。
そんな楽観的な自分などいないと思いながらも、これを書く私は手の施しようのないアホだった。

(四畳半神話体系 改変)

かくのごとして私の一人暮らしまったりニートライフが始まったわけである。

4月1日
朝に実家を出発。父より今は無き曾祖母からの贈り物を貰う。なんだこの感動の展開は。
この日は母とともに新居に行き家電やら珈琲セットを受け取ったりと。さらには母の妹に車を回してもらい洗剤などを揃えたり、役所へ住所の変更をしたりと。
新居付近を回ってみての感想だが、田舎である。私が住んでいた場所も田舎ではあったが最寄のスーパーがあまりにも寂れていて驚いた。そして落胆した。
実家方面との違いとしては坂がないことか。この平坦な地形を4日に思い知ることとなるとはこの頃の私は知らない。知ってくれよ。
夜はベッドがまだないので実家よりは近い祖父母の家で一泊。

祖父母宅に遊びに来るぬこ
松戸猫



4月2日
祖父母宅より母の妹(2人目)の車で再び新居へ。
ベッドが届き、祖父母の家から貰ってきた足が折れる机でそこそこ部屋っぽく。
またこの日に父に布団やら小物やら車に積んでおいたものを持ってきてもらい完全に私の根城と化した。

部屋1
部屋2
部屋3

が、インターネットの接続に手間取る。
どうもXPのヴァージョン2はNTTのCDROMのツールに対応していないようである(父談)
その後適当にいじっていたらある程度安定してつながるようになり現在に至る。追い大丈夫か理系大学生。
ちなみに自転車は持ってきていない。GWに法事で実家に帰るのでその時にでも輪行してこようかと考えているがどうなるか。
余談だがこの町の自転車使用率は異常に多く感じる。そのことは4日ででも記述しよう。
夕食は母と共に味噌汁、野菜炒めを作り終了。
ここで家族との感動の別れである。(涙



4月3日
かくして完全に一人の生活が始まったかと思われたが、昨日より新たな住人トトロと真っ黒くろすけが加わったため一人ではない。
寂しいわけではない。
同居人



朝食は昨日の味噌汁とご飯、りんご、謎の物体(目玉焼き)。
蒸そうと水を多く入れすぎると謎の物体ができるので注意。(my妹によると「油しかないとかww」らしい)
初朝食





夕食はアホでもちょんでもできるカレーライスである。いやルーの裏面に作り方書いてあるしw
鳥スープの香りにより途中で「スープにする?」と悩んだぐらいでとくに苦も無く完成。もずくとバナナ添え。
バナナは祖父母家よりのもらい物だがだんだんやわらかくなってきていたのでさっさと食す。
カレー


風呂であるが昨日は入り忘れた(汚)
なので今日が初風呂。ということで晩酌である。
晩酌
注:お酒ではなく自販機で買った炭酸です。

風呂はただガスで暖めたお湯を蛇口から注ぐだけのいわばプール。追い炊きなどもちろんできない。
結果ものすごく寒いw
次回からは温度を4度ぐらい上げて入れることを心に誓うのであった。



4月4日
当然ながら昨日のカレーがどっさりあまっているので朝カレー。
そして待ちに待った平日なので、郵便の転出届、ゆうちょの住所書き換え、免許の住所書き換えに出発。

・・・・かくして警察署までの6.6㌔徒歩の旅が始まったわけである。
平地平地平地。飽きた。いや起伏が多いほうがいいとは言わないがこの何も無い感はいったい何なのであろうか?
そしてこの地域は自転車に乗ってる人が多い。6.6㌔歩いて徒歩の人は両手で数え切れる人数だが自転車の数は途中でカウントをやめたwといっても皆ママチャリなんですけどね。ロードは1台しか見ませんでした。
しかし皆マナーが悪い。逆走なんて当然みたいな顔で走ってくる。自転車の普及はいいことだけどそこらへん徹底してほしいものである!
そんな中香取神社なる看板があるので寄ってみることに。
香取神社1
香取神社2

なかなか良い雰囲気。とりあえず留年しないようにお賽銭を。

その後ipodのかわりにUSBメモリを持ってきた自分に驚きを隠せなかったりしたがお昼過ぎには警察署も郵便局もクリア。
気づいたら3駅分も歩いていた。

折角遠出したので駅近くのショッピングセンターに寄ってみることに....

流山ショッピングセンター
でかっ!

スーパーや床屋、雑貨屋、本屋さらには映画館まで完備のショッピングセンター。なぜド田舎にいきなりこんなものがw
温泉がついていれば寄ったかもしれないw

最上階のレストランを見て回るも値段のせいか入る気にならないが蕎麦屋を見て蕎麦を食べたくなったのでスーパーにて蕎麦と鳥胸肉を購入。筋金入りのけちである。母ならここで昼食を済ませていたであろう。
帰りは素直に電車で。これが文明の力である。

さて帰宅して鳥ハムでもこさえるかのぉ。と思っていたのですが帰ってすぐに昼寝2時間。
・・・夕食です。
再びカレーライス(飽きてきた
カレーは楽なのをは良いのだけれど飽きる。
夕食後は某自転車乗りの方の動画を参考に鳥ハム作り。2日後が楽しみです。
また、特に理由は無いが走りたくなったのでジャージに着替え川原まで走りにいく。
装備はウエストポーチに小銭入れと携帯、ipodを入れて出撃。
久々に走ったにもかかわらず案外いいペース。ただウエストポーチをつけて走るのは初めてなので上下にゆれて走りにくい...。
ある程度走ってそろそろ折り返そうかなと携帯で時間を確認しようとした......

携帯無いし....オトシタァァァ!!

ウエストポーチの口が....
上下の振動により開いてしまったようで中には財布とipodのみ。
実は持ってきていなかったという事実の捏造を始めながらも私は必死に走ってきた道を戻った。
一番怖いのは車道に転がって車にグシャっとされることである。それだけは避けたい!と思いながら必死に探していたら....
普通に落ちてましたw
川原に下りるための急な坂に転がってました。

電源もとりあえず付くので...とりあえずツイッターw
家まで全力で再び走って帰り外傷を確認するとボタンの下がえぐれてました(涙

ぐぬぬと思いながら玄関で立ち尽くしていると学生らしき男とその母親らしき人が出現。
なんでも今日から私の隣の部屋で一人暮らしの同じ大学の1回生だという。九州から来たらしく地震が怖いとか何とか。とりあえず勇気を出して祖父母から貰ったカステラ(2箱中1つ)を押し付けてやった。これで擬似四畳半神話体系でも楽しむがいい。



まとめ
・この4日目で自転車が恋しくなったことは言うまでもない。
・カレーは飽きる
・ウエストポーチは安全ピンか何かでしっかりロックすべき
・風呂は熱めのお湯を入れないと後悔する。
・「何が綺羅星だ。馬鹿馬鹿しい。」(stardriver最終回)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akishimaiandbicycle.blog103.fc2.com/tb.php/6-ebc8a8d3
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。