--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年北海道自転車旅行まとめ

2012年04月22日 15:07


北海道の旅行記も一通り書き終わったところで全体を通しての感想や費用に関してつらりつらりと。
これからふらりと行く方の参考になればと。というか参考にできるのならしてみろってもんです!(意味不明
旅行等で質問やら何やらありましたらお気軽にコメントいただければお答えしますよ。

ではスタート。

旅行期間は船やら新幹線やらも含めて14日間でした。

●風景印●
まず各地の郵便局で集めました風景印。

↓どーん!
北海道2011風景印
(クリックでちょっと拡大)

全部で12の印をいただきました!
印の詳細は各記事を見ていただければと思います。

風景印さんには結構悩まされましたね。
郵便局でいただくものですので郵便局の開いてている時間に行かなければなりません。
郵便局の営業時間は集配局などを除けばおおむね月~金の9時~17時です。
これにより目当ての郵便局に夕方ついてしまったら翌朝もらえばいいが9時まではその場を動けないという拘束が生じてしまったりしますし、お目当てを近くにして金曜日の夕方が訪れた時の悔しさったらありませんね。次に開くのは2日後の月曜日ですがそんなに一か所に留まるわけにもいきません。
このせいで知床の印は無いんですよね~…。

北海道で風景印を再度集める日は来るのでしょうかね。




11北海道4日目13
さてはて、写真を交えつつ費用などのまとめを。

総出費 105341円
…アッレ?こんな使ったっけ?


~内訳~
食費 30643円
移動費 41760円
宿泊費 20600円(キャンプサイト1000円)
その他観光費等 12338円



11北海道4日目22

●食費について
これはしょうがありません。喰わないと人間は死にます。
といっても北海道の名産を食い漁ったわけではありませんのでこの程度で収まったのでしょうか。
食事はほとんどセイコーマートで済ませました。安い、旨いで文句のつけようがありません。
クリーミーカルボナーラ食べたい…



11北海道4日目26


●移動費について
この旅最大の誤算ですね。まさか帰りに新幹線で帰ると思わなかったorz
行きがフェリーで11800円、帰りが新幹線や特急代金で29960円。
帰りは自走で苫小牧まで行っても良かったんですけど台風吹き荒れる中走るのは正直嫌ですからね…。
目を背けたい費用です(汗







11北海道5日目18
●宿泊費について
これも案外かかってます。
10日目までは2000円しかかかってないんですけどそのあとが全部宿だったので(汗

「知床」
観光地だし泊まっておこう(意味不明

「中標津」
あーなんかビジネスホテルが。
もう夜だしここらクマーが出ることもあるとか書いてあったし…
思ったより安かった。(確定
(ビジホ初めてです)

「摩周」
鱒やに泊まりたかった。これは決めていたことなのでしょうがない。

「函館」
テント送り返しちゃったので…



11北海道5日目30

●観光費用等について
面倒なので「等」で一切合切まとめた。
観光フェリー代とか、切手とか、延長コードとか。
観光フェリー台が8000円なのでほとんどコイツのせいですね。




11北海道5日目27

●役に立ったもの
・延長コード・
セイコーマートで途中購入。
キャンプ中に電源を拝借する時たこ足なら
他の人とコンセントを共有できてみんな幸せです。
フェリーなどのコンセントが少ない状況下でも
周りとにらみ合う必要が無くなります(笑

・ジップロック・
防水用。風景印用の地図もこの中に入れてました。
基本装備ですが侮れません。
フロントバック内はビニールを敷いてその中にジップロックで充電器などをつっこんでたりしました。











11北海道6日目5

●行ってよかった場所
基本的に北海道はどこ走ってても天気良ければサイコーなのですが特にココというところをピックアップ。
・オロロンライン・
天気が良ければもう文句は無い道。左海右草原電灯無し最果て見えずの走っててとっても眠くなる気持ちいのいい道です!
途中にビジターセンターに寄り道したり、北緯45度モニュメントでポーズを決めるのもありかも(笑
(以下「行ってよかった場所」続く)





・クッチャロ湖・
ここで一泊するか否か直前まで迷っていた所。
結果としては正解!
キャンプ場が湖目の前にあり夕日移り変わりをじっくりとみていられますし湖にぽつりぽつりとある木がいい味出してます。
ランドナーは夕日が似合うなぁ(ドヤァ
以下4枚クッチャロ湖にて。

11北海道6日目4211北海道6日目39












11北海道6日目38


11北海道6日目












11北海道8日目27
・キムアネップ岬・
勝手に命名「ドMの聖地」
夕日、朝日ともに名所と言われるキムアネップ岬。
特に夕暮れの景観は最高ですね!(右写真)
で、す、が。ここ、蚊が異常なほど湧いています!
岬につくと漫画でよく見るハチだかりのように蚊がまとわりついてきます!
対処法ですか?ありません(笑
しかもここの蚊は人を恐れません。普通蚊は腕に止っているところを叩こうとすると逃げますよね。
こいつら逃げないです。神風特攻部隊のごとく飛んできますw
詳しくは該当記事で書いたハズなので読んでいただければと思います。








11北海道9日目28


・能取岬・
ここも行くか否か迷った場所。
まぁね、大正解ですよ(笑
北海道はとりあえず行ってみるのが大切ですねw
岬自体も草原広がる土地で綺麗ですがやはりここの見どころは海へ飛び出すかのような道です。(左写真)
天気が良ければぜひ訪れていただきたい場所です。








11北海道11日目18


・知床近辺・
言わずと知れた観光地。
知床五湖や岬への観光船は1度は体験しておくべきなのではないでしょうか。
もう一生行かないかもしれませんからね。
知床峠については自転車乗りなら必修科目なので単位をしっかりゲットしなければ進級できません(笑
(右知床五湖、1コ下の写真が知床峠)









11北海道11日目37
●以下雑記
本当は行かない方がいい場所も書こうと思いましたが面倒なので割愛。
でも北オホーツク自転車道だけはダメと言っておこうwあれはやばい。
(オホーツク自転車道と名前が似てるので間違えないように)
このまとめを書いているのが既に翌年、四国旅行後というグータラ具合ですがこれで北海道編は完結ですね。
今回の旅行の見どころはやはり10日目あたりまででしょうか。それ以降は宿で寝てばっかりで面白みがありません。
やはり旅行は野宿でないと面白くありませんね。
お金かかりますし。お金かかりますし。(大事なことなのでry



11北海道12日目24
今回が初の長期旅行かつ初野宿ということでしたが天気もそこそこ味方してくれて特に問題なく終えることができました。
野宿においては北海道では結露が面倒ですね。夏でも日が落ちるとそこそこ気温が下がりますのでこれはしょうがないでしょう。
朝露も同様。
服装に関しては問題なし。夏だと侮らずに長袖シャツで正解です。陸上用品万歳。
ちなみに洗濯したのは知床の岩尾別ユースで1回きりです(笑

自転車に関しては旅行中エンペラー乗りと仲良くなってからリアの泥除けが恋しくなりました。
ピッカピカの泥除けあってこそのランドナーだろう!(四国編ではちょっとそこらも考えた)



11北海道12日目33

充電に関しては延長コードでのセコイ手を使うことで野宿でもある程度対応できたが基本的に携帯電話の電源はオフ。カメラはコンデジ2台体制で臨んだ。
野宿をするのならモバイルバッテリーが必須であろう。

北海道は野宿ビギナーに優しく、走っているだけで喜びのあふれてくる楽しい土地でした。
私のようにいきなり北海道に挑むのも楽しいかもしれませんよ。
ただ次の旅行計画がどこもくすんで見えるんだけどね!!





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akishimaiandbicycle.blog103.fc2.com/tb.php/50-b21e87c4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。