--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道自転車旅行12日目 摩周で一服、「鱒や」へ

2012年04月14日 22:10


北海道自転車旅行 12日目 
8月30日



朝5時半起床。
今日は摩周観光を予定しているので宿ですがさっさと出発です。

↓ビジネスホテルサトウ。一泊3300円のいい宿でした。
11北海道12日目1

さて、摩周観光するにあたって宿は先に決めてあったのでその宿に荷物を置かせてもらって観光したいと思います。
とはいえまだ朝の5時代、電話するのもアレなので直接行って「泊まれますか?」と聞くことにします。
中標津から摩周駅付近の宿まで約52キロ。8時~9時には着くでしょうからちょうどいいでしょう。

朝6時出発~。

13号をメインに西へ走ります。天気は雨こそ降ってはいないものの曇り気味です。

・・・・・!?
11北海道12日目2
11北海道12日目3

コレ、鮭ですよね?(あってます?

13号沿いに急にあらわれた鮭(頭のみ)。
周囲は畑で特にこのオブジェクトの説明とかはないです(汗

こういう訳分からないの嫌いじゃないですよw




↓13号は演習場でも近くにあるのか軍用車がじゃんじゃん通ります。
11北海道12日目4

鮭ヘッドの一件以降13号沿いに何があるわけでもなくガシガシこぐと摩周周辺に到着。

↓本日宿泊予定の宿「鱒や」の入口看板
11北海道12日目5
写真は245号線沿いの鱒やへ行くためへの一本道に立てられているものです。


↓「鱒や」
11北海道12日目6
時間は10時ちょい。普通の人なら起きている時間ですので問題ないでしょう。

玄関でご主人に宿泊できるか聞くとOKの返事。
サイドバック2つも預かってもらいます。

さて鱒やのご主人ですがこの人も自転車好きなお方です。だからここを選んだんですけどね!w
TOEIさん見るなりカメラを持ってきて撮影されてました。

↓こちら鱒やご主人のブログです。
http://troutinn.exblog.jp/


↓雨具、上着、他小物のみの状態で摩周湖へ出発~。
11北海道12日目7

セイコーマートで適当に腹に詰め込み、52号を登ります。
11北海道12日目8

前日に知床峠を思ったより軽くクリアしたのでどんな坂でも平気だろうなんて思っていたら案外辛い。
疲労が取れていないのだろうか。

↓摩周湖第一展望台到着!
11北海道12日目9

霧は無し!
11北海道12日目10
霧がないとなんとかとかいうジンクスがあるそうですが見えたほうが幸せなはずなので気にしな~い。

摩周ブルー、写真だとアレですが実際は綺麗ですよ~。
11北海道12日目11


摩周湖には3つ展望台があり今のが第一。
第二はトレイル上にあるので自転車不可、第三は52号沿いにあるので次はそこへ。


自転車のもとに戻ると…

11北海道12日目13
hetchinsフレームの自転車が停まってました!
この頃メーカーはよう知りませんでしたがラグのカッティング(?)に惹かれました!
サイケな色はちょいとアレですが(汗

hetchinsフレーム欲しいな~w


52号を北上すると左側には硫黄山などの景色が広がります。
11北海道12日目14



第三展望台到着。
11北海道12日目15
展望台自体は道路を挟んで看板の反対側、さらには階段の上にあるので自転車はここらへんに停めておきます。

展望台は先にありますがそこまでの道でも圧巻です。
11北海道12日目16
11北海道12日目17
11北海道12日目19
個人的には第三の方が好きです。どことなく斜面がもののけ姫のたたら場みたいです。


観光してた方がいたので一枚撮ってもらう。
11北海道12日目20




~以下ゆるりと摩周湖の写真~



11北海道12日目21
11北海道12日目22
11北海道12日目23
11北海道12日目24


写真を撮っているとお高そうなカメラを持ったおじさんがこちらにじりじりと近づいてきました。
最初は危ない人かと思いましたが自分の靴の横を見て納得。

↓足元にシマリス君が!(シマリスだよね?
11北海道12日目25
実家の方ではよくタイワンリスを見ますがこの子はソレよりは小ぶりで可愛げがありますね。


以上で摩周湖の観光は終了!!
52号を硫黄山方面に向かって下ります。

下りはなかなかの斜度でビュンビュンスピードが出ます。
当然ながらフットブレーキを駆使しマファックさんを守ります!(本末転倒

ここからは硫黄山を経由して屈斜路湖東岸を南下します。

↓その前に川湯温泉駅に寄り道。
11北海道12日目26
川湯温泉駅には無料の足湯があるので一服していきます。

↓だばー
11北海道12日目27
熊って温泉吐くんだぜw(嘘


一服後、硫黄山へ。
と、ここらへんで雨がぽつりと鼻に。大した量ではないので気にせず観光。
↓仮面ライダーとかで使われそうな雰囲気ですね。
11北海道12日目28

進めるのはここら辺まで。先には柵があります。
11北海道12日目29

雨脚がちょいと強まったので売店でゆで卵をいただく。
11北海道12日目30
5個セットだと安かったんですけど流石に5個はないかな~ということで2個。
…にしたのですが旨い!これ5個でもよかったなぁ~w

売店を出ると雨は止んでいましたので出発。
硫黄山を後にします。11北海道12日目31


近くの川湯郵便局で風景印をいただきます。
↓川湯温泉郵便局ゲッツ!
11北海道12日目32
ここの局員さん切手好きな方らしく収集してる切手を見せてくれました。
趣味と仕事が合致していて羨ましいですね。



屈斜路湖沿いを走るも左右は木々が茂っていて湖が見えるのは時々。
芦ノ湖のように湖沿いではないのですね。

このまま湖の写真が撮れないのは嫌なのでちょっと横道へ。

↓屈斜路湖
11北海道12日目33
11北海道12日目34
桟橋がなかなかいい味出してます。

11北海道12日目35



もとの道に戻り南下すると普通に観光地のように整備されてる場所がありましたw

↓砂湯のクッシー君
11北海道12日目36
湖と言ったら首長竜なんでしょうかね~(笑

砂湯ではピスタチオアイスクリームをいただきました。
ピスタチオが有名なのかな~と思ったのですが輸入品だとでかでかと書いてありましたwどういうことなのw

この時点で16時頃。夕食もあるのでさっさと鱒やに帰ります。

さてはて今回の旅行ですが実は今日で終了予定です。
というのも実は台風が近づいていまして今後移動ができなさそうな日が続きそうなのでここらで引き上げようと思います。

北海道最後のライド、走っていてジ~ンと来てしまいましたね。
曇りっぽい空で左右は木々。今でも思い出せます。
家に帰りたいような帰りたくないような不思議な感覚です。

パイロット国道243号で鱒や入り。

↓本日の部屋
11北海道12日目37
4人部屋ですが今日は一人での使用です。

帰るとすぐにお風呂を沸かしていただいたので風呂へ。
風呂からは外の木々がきれいに見えて、そしてなにより浴槽がどことなくリッチです(笑
こう横になれて、ひじ置きがあって、足が組めてwなんというかダースベイダーの風呂みたいでしたねw
今の家ってみんなこういう風呂なのだろうか?

鱒やのご主人は宿の名前からわかるように釣りをするようで宿内にもニジマスの置物があったりとカッコイイお宿です。
自転車や釣りが好きな父に育てられた私としては落ち着く空間でした。

今回他に宿泊者は滋賀からいらした家族が個別部屋に泊まっていましたので一緒に夕食をいただきます。
夕食は焼き魚などの料理。(写真忘れましたw
よくわからない貝類っぽいような触感の食べ物もあったのですが皆で「たぶんこれはホヤというやつだろう」などとかわったものもいただきました。
ホヤ(?)はなんというか、苦いっすねw



さて、こちらがご主人の自転車。
11北海道12日目38
11北海道12日目39

泥除けからキャリアまでピッカピカです。
いや~白くくすんだ自分の自転車が恥ずかしいです(笑 帰ったら磨いてやろう。
11北海道12日目40

実はご主人もう1台TOEIフレームの自転車を所有しているそうで今はメンテで東叡社に行っているそうです。
でその自転車が…
11北海道12日目41
なんとこの本に乗っているのです!!
一番最後のページのデモンターブルの自転車がご主人のらしいです。
気になる人は買ってみてください(笑 この方面の自転車が好きな人は見てるとニヤニヤできますw
この写真集欲しいけどけっこう高いのよね~。

この後ご主人と明日の事を相談。台風が来るので帰る旨を伝えるといろいろと経路を教えてくださいました。
まず苫小牧からのフェリーですが見事台風のせいで運休です。次に飛行機、自転車が心配なので私が嫌です。
お次がご主人おすすめ、列車で小樽まで行ってそこからフェリーで新潟、そして輪行で神奈川。
まさかの新潟入り。あーこれだと新潟~神奈川間を走りたくなりますね~(笑

悩んだ挙句走るかどうかは後々考えるとしてご主人のおすすめを採用。
とりあえず親に帰る旨とルートを連絡。

と、この後決めたにも関わらずまたもや悩む。ウ~ム。
新潟から輪行するのもだるいな~。
走るもの今回は北海道旅行に来たわけだから中途半端に新潟や長野走っても後々行こうと思った時に新鮮味に欠けるしな~。
と、いうことで

「ご主人すいません、やっぱり陸路で帰ります。」

ここまで固かった財布が一気に緩んだ瞬間であるw
新幹線を使用する。

陸路のメリットは何より早いこと。1日目で函館、2日目で実家に到着だ。

荷物は邪魔になるので宅急便で送る。鱒やの奥さんに段ボールをわけていただき翌日宅急便屋へ。
さらになんとご主人が駅まで車で送ってくれるということなので自転車を輪行状態にしておきます。

↓自転車をつるすハンガーをお借りしました。
11北海道12日目42

輪行袋に自転車に入れて本日は終了。
明日からは列車旅行が始まります。帰るだけなんですけどね。

趣味いっぱいのお宿鱒や、ぜひ皆さんも行かれてみてはいかがでしょうか。



●本日のルート


●支出
食費→2042円
切手→80円
宿代(夕食朝食付)→5900円

合計 8022円

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akishimaiandbicycle.blog103.fc2.com/tb.php/44-9f4257b0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。