--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道自転車旅行6日目 ~廃道のようなサイクリングロード~

2011年09月25日 14:02


北海道自転車旅行 6日目 
8月24日




朝5時20分ごろ起床。
防波堤ドームはなかなかの寝心地。もしかしたらキャンプ場の芝なんかよりコンクリの方が楽なのかもしれない。
また驚くべきことに結露がない。理由は知らないがこれほどありがたいことはない。タオルでテントを拭くのは案外面倒くさい。

外は曇り空。雨が降りそうなわけではないが宗谷岬に行くのにはちょっと残念な天気かもしれない。

さっさとテントを片付け出発。

↓野宿のしやすさはピカイチ!
11北海道6日目1

朝食は当然セイコーマート。クリミーカルボナーラは飽きないなw

今日は宗谷岬を経由しクッチャロ湖キャンプ場へ行く予定。距離は100㌔あるかないかぐらいなので気軽に~。
んにしても今朝は冷える。自転車乗ってて風が刺さる。

↓などと寒がっていると最北端のマックなるものを発見。
11北海道6日目2
完全にチャリダーの溜まり場になっているようですねw
普段マックなんて行かないのですが寒い&充電したいのでいったん休憩。(全然走ってないがな!

さて、困った。何を頼めばよいのか。
メニューを見てもよくわからないので店員のお姉さんに「コーヒーがついてくるので一番安いのください」などと注文。

コンセント近くの席で充電させてもらいつつ出てきたマフィンのようなものを食す。
もうセイコーマートで朝食は済ませているのだけれどw

しばらくして車で旅行中のおじいさんが入店。このおじいさんマックは初めてだそうで私と同じような買い方をしてましたw
近くの席に座ったのでいろいろと雑談。マック慣れしていない者同士意気投合w

おじいさんが出て行った後も少しの間充電を続けているとだんだん眠くなってくる。
暖かいところはこれが困る。
充電も90%以上の値を示しているのでさっさと出発することに。

マックを出ると外はいくぶんか暖かくなっていた。
ここから238号で宗谷岬を目指す。

途中で記念碑があったため止まるもそれ以外はノンストップ。岬まで特に何があるというわけでもない。
海はしだいに浅くなって足の長いサギのような鳥が立てるほどであった。

↓最北端宗谷岬到着!撮ってもらった人にガッツポーズを要求されたぜw
11北海道6日目3
11北海道6日目4
11北海道6日目5
↑やらないcarアングル(ウテナネタ

写真を撮っているときに赤いロードに乗ったチャリダーもやってきて一緒に碑をバックに写真を撮った。
うまく撮れていないので載せませんが。


↓100円でお決まりの証明書も購入~。
11北海道6日目6


最北端ではあるがあまり感動はなく、再出発。
天気のせい?


↓最北端の郵便局宗谷岬局!
11北海道6日目7

↓・・・・・?一輪車?ボトルゲージついとるw
11北海道6日目8
局内には家族ずれが1組。話を聞くと一輪車で北海道を走っているそうなw
お父さんと小学生の娘2人が一輪車でお母さんはサポートカー。
世の中いろんな人がいるものだ。

↓そんなこんなで最北端の風景印ゲット!
11北海道6日目44

ここで局の人に今日走る予定の北オホーツクサイクリングロードについて聞くと知らないという。アレ?
猿払が地元の方らしいのだが知らない。んーちょと不安だな。


一輪車家族に手を振りつつ再出発。

↓K.I.T.T.とK.A.R.R.が走ってそうな道(これわかる人いるのか)
11北海道6日目9
ここらへんはアップダウン結構あり旅で初めてフロントを1段下げました(←へたれ


海沿いの同じような道を走ると見えてくるのはインディギルカ号遭難者慰霊碑。
11北海道6日目10
昭和十四年の冬、ソ連のインディギルカ号が猿払で座礁し多くの死傷者をだした。
この時猿払村の住民総出で救助に向かったとされる。
猿払村は救出後も亡くなった人に対し、慰霊碑を立てたのである。
台座の石はソ連から寄贈された花崗岩らしい。

観光客などはおらず海沿いにそっと立っている慰霊碑はどことなく寂しげな雰囲気があった。
道からすぐなので是非寄ってみてほしい場所です。

横にいさりの碑なるものがあったがこちらは省略~。


慰霊碑近くの道路の反対側が道の駅さるふつ公園。
折角なので寄ってみると↓のような看板。
11北海道6日目11

ほぉぅ。日本一を名乗るからにはさぞかし自身があるのであろうな、と思い…

うまいw
11北海道6日目12
写真はすでに1口食べてます(汗
ものすごーく濃厚です!牛乳ってよりもう生クリームが入ってるのではないかってぐらいです。
日本一かどうかはわかりませんがこれもぜひ食べてもらいたい一品ですね。


↓道の駅を出発するとすぐに自転車の集団に追いつきました。
11北海道6日目13
ほっそいタイヤだなぁw
数十メーター先にも同じような荷物の人がいたのでサークルか何かかと。
この人たち平地はいい速度で走ってましたが坂になると遅いw
面倒なのでさっさと抜かせてもらいました。

しばらく走ると案内看板発見。
おーサイクリングロードの表示があるではないか。安心安心。
11北海道6日目14

北オホーツクサイクリングロードに入るため少し内陸へ。584号を通ります。


さてはて、この584号。何もない&誰も通らないwこえぇ。
車すら通らないこの道。しばらく走ると廃校が…
11北海道6日目15
猿払村立猿払小学校


サイクリングロードは猿払の町の端から始まるようなことを聞いていたので町を探す。

…町というか村というか、民家が少しある場所w

サイクリングロード入口にある看板
11北海道6日目16

入る前にクマよけの鈴と十得ナイフを装備。ビビッてますw
11北海道6日目17

↓入口。なんかもうすでに危なそうな雰囲気。
11北海道6日目18
なんか昔封鎖されてました感があるものがいくらか落ちてるのですが気にせず突入。(馬鹿ー

……ひたすら走ります。走ります。
なぜかってここはヤバイ!
入口の写真は草が左右に生えてるだけですがしばらく走ると木々が空を覆いつくし左右の草はいつの間にか人の背丈に近いくらいの大きさの蕗につまれ、路面はところどころ穴ぼこが空き、生き物の大きな糞が転がっていました(涙
さらには藪から飛び出てくるアブやらブヨw走ってると体にぶつかって服に付きます(涙
そして刺されます(涙涙

ここは写真無いです。いやもうホント怖くて。心臓バクバクで息切れしながら走ってました。

来るべきではないです。ロクに整備されてません。

しばらく走ると一般道へとの交差があったので即離脱。明るいって素晴らしいw
バックや服についた虫を振り落とし道路をさらに内陸方向へ走る。

カムイト沼到着。
11北海道6日目19
神々の住む沼ということでとりあえず謝っといた。

11北海道6日目20
11北海道6日目21
11北海道6日目22
沼にも長居はしない。ここはブヨはそんなにいないが蜂がいる(涙

走り続けると民家のある道に出たので近所のおばさんに海沿いの道に出るルートを訪ねる。

もうごめんだと思い海沿いに走り出すも途中で右に目をやると…

↓サイクリングロード再び発見w
11北海道6日目23

……突入!(馬鹿

11北海道6日目24
先のような道が来るかと身構えるもそんな道はなかった。
↑のようなさっぱりした道。

ロード中右方向に見えた景色。
11北海道6日目25
あーいいとこ来ちゃったなぁ(笑

このあとも何度か一般道と交わる地点がありましたが景色がよくなってきたのでそのままロードを行く。

↓…どっちだよ。中途半端に閉鎖しないでください。
11北海道6日目26

ブヨなどがいないわけではないがさっきよりはマシ。まだ心臓はドキドキしているが許容範囲内。


ちょっと気分がよくなって走っていると急に右側の視界が開けてクッチャロ湖が一面に見える。
11北海道6日目27
11北海道6日目28
↓つぎはぎ写真。クリック推奨。
11北海道6日目29


虫がよってくるのでさっさと走り出すと今度は廃駅を発見。
11北海道6日目30
このサイクリングロードは昔の線路の跡を舗装して作られたものらしい。


だんだん虫が減ってくる。
11北海道6日目31

「くっちゃろおおはし」なる橋に到着。
11北海道6日目32
クッチャロ湖から海へ流れる川の始まりにかかる小さな橋。なのに「おおはし」とはこれ如何に。
ここまでの景色もそうだがすべてサイクリングロードからしか見れない景色である。
最初は最悪であったが後半は虫さえ我慢すればよい道である。

11北海道6日目33
11北海道6日目34
↑橋の上は虫が出ないので休憩。

この橋を渡りきればサイクリングロードの終点はすぐ。終わりが見えた時は心底ほっとした。ホント怖いんですよ!

(゚Д゚)
11北海道6日目35
今年の4月にクマー出とるーwwww
情報遅いよw

良い子はマネしないでください。
橋あたりまでなら終点からすぐだから平気でしょうけど。

出てすぐの公園の東屋で休憩。とりあえずナイフとクマよけの鈴をしまう。

今日の宿泊地はクッチャロ湖キャンプ場の予定だったが今までの蟲地獄等々でクッチャロ湖方面に行きたくない気分に。
この東屋で寝てしまおうかと思ったが折角なのでキャンプ場の様子を見てから決めようと思い湖畔へ向かう。

↓途中で郵便局があったので風景印をもらっていく。
11北海道6日目45


湖畔到着
11北海道6日目36
はい、ここで1泊します(笑
すごい良いところだったw
大人1人200円のキャンプサイトで目の前が湖。温泉は目の前のはまとんべつ温泉ウイングを利用します。
炊事場の中にコインランドリー有。


↓ここからはクッチャロ湖に沈む夕日写真。
11北海道6日目37

11北海道6日目38

11北海道6日目39

11北海道6日目40

11北海道6日目41

11北海道6日目

11北海道6日目42

11北海道6日目43

ここの夕日は最高!ぜひとも1泊してほしいキャンプ場ですね!(手のひら返し


この日はテントを組み立てた後はセイコーマートで食事をし温泉に入り就寝。
ここの温泉は休憩室にコンセントがあるので充電可能です。テレビもあったのでゆっくりしました。

この日は最北端、北オホーツクサイクリングロード、クッチャロ湖の夕日と濃い内容の1日でした。


6日目のルート
サイクリングロードはどこを走ってたかよくわからないので勘で書いてます。



●支出
・朝食(セイコー稚内)
→338円
・最北のマック
→410円
・補給(セイコーかたやま)
→682円
・最北端証明書
→105円
・ソフトクリーム
→250円
・昼食(セイコー猿払)
→298円
・切手(宗谷、浜頓別)
→50×2円
・キャンプ場
→200円
・夕食(セイコー浜頓別)
→468円
・入浴
→500円


計 3351円




スポンサーサイト


コメント

  1. 岩もぐら | URL | -

    こんにちはー

    つなぎで歩いて日本一周してる会社員です。
    同じ時期に道北歩く予定ですので、
    興味深く読ませてもらいました。
    サイクリングロード止めた方がよさげですね。
    東北でアブの群れにこっぴどく苦しめられたので
    サロベツから抜海のあたりの原野も、ちょっと
    ビビってます。ビジターセンターがアブ多いの
    情報も助かりました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akishimaiandbicycle.blog103.fc2.com/tb.php/30-b1be6604
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。