--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道自転車旅行4日目~風車の町苫前~

2011年09月14日 23:11


北海道自転車旅行 4日目 
8月22日


11北海道4日目1
カラスの声で起床
  
11北海道4日目2
お隣さんのコンビニの袋に群がるカラス達。テントの中入れておきましょうよ(汗


というわけで、おはようございます。旅4日目、石狩市川下海浜公園のキャンプ場からのスタートです。


↓キャンプ場内。さっぱりした良い天気!
11北海道4日目3

↓初キャンプは無事終了。
11北海道4日目4
ちなみに今回フライシートは買ってきてません。テントが防水らしいのでいいかな~とw


折角の海が目の前なキャンプ場ですので浜へ出てみることに。
しばらく砂浜を歩き、海へ突き出たコンクリ舗装へ。

11北海道4日目5

涼しいのでジャージ着てます。かっこつけたい年頃です。
11北海道4日目6


ゆったりしすぎて8時ごろ出発。朝食はもちろんセイコーマートw
今日は苫前まで走ります。距離は105キロ。傾斜も10パー区間が前半ちょいとあるだけで楽でしょう。

などと思っていたら海沿いを快適に走っているとトンネル出現。忘れてたorz


道路工事が多いようで片側通行区間が多く時々止められる。ザァーっと走りたい区間だが我慢我慢。
そんな中で遠めで見たら本物くさく見えるロボットを発見↓
11北海道4日目27
彼の名は「安全誘導ロボット タフガイドマン」
(電源ボックスに書いてあったw)
なかなか凛々しい顔をしてるではないか(笑
彼の役目は工事現場数メートル前から徐行の旗を振りドライバーに徐行を促すのだ!
写真撮っている間笛の音がうるさいのだ!


なんてふざけながら進むとさらに人影。(ロボット影)

11北海道4日目28
立体化w(タフガイドマンはほぼ板でできていた)
髪の毛もあるししっかりした素材でできてるしさっきのタフガイドマンがしょぼく見える。
そして良く見るとコイツ、胸があるw女性か!
胸に触ってる写真を撮ろうと思いましたが私の理性がなぜが許しませんでしたww

タフガイドマンと女性ロボット見て勝手にリア充オーラを感じ、さっさと走り出す(笑
このロボット達この後結構いました。たいていタフガイドマンでしたが。





いつの間にか雄冬岬着。看板があったから気づきましたがなにも無いですw
11北海道4日目7


少し走ると↓のようなモニュメントとキャンプ場とは名ばかりの狭い空間がありました。
11北海道4日目8
碑には「231号線開通記念 SUNSET WAVE」の文字。なるほど、このリングの中にちょうど夕日が見えるということですか。

まぁ円があると入りたくなるよねw
11北海道4日目9






アホなことはさておき再出発。
・・・するのですがすぐ止まります(汗
滝スキーな私には止まらざる終えません↓
11北海道4日目10
観光地的な滝よりこういうひっそりした滝のほうが綺麗に見えると思うのですよ。





止まってばかりなので先を急ぎます。海岸沿いは↓のような風景がしばらく続きます。
11北海道4日目11




そして滝で止められるorz
11北海道4日目12



この後はトンネルが連続。それも結構な長さ。+上り坂。
トンネルの中で上下するとは思わなかったですよw
最後のほうのトンネルは壁の表示に全長2.9kmって書いてありますしw後方が怖いですw
怖いときには歌が一番ですよね。
ということでナイトライダーのテーマを口ずさんでましたwほらOPで2秒くらいトンネルのシーンあるじゃないですかw
同世代には絶対伝わらないネタです。

トンネルを抜けると当然のように上り坂。これの繰り返しです。

11北海道4日目29




気分が乗ってきて歌のバリエーションも増え始めた頃増毛の町に到着。
セイコーマートで食事をし、日がジリジリ来るので日焼け止めを塗る。

どうでもよいが増毛とはなんと縁起の良い名前か。将来困らないことを祈る。



そんなありがたい名前の増毛はただの通過点。そのまま北を目指す。
オロロンラインは海沿いより少々陸側を通るので一番海に近い301号から続く道を通り最終的にオロロンラインに戻る。
↓オロロンラインと海沿いとの合流地点
11北海道4日目13



ここからは平坦な道が続く。平和な海沿いでトンネルも少ない。


すぐに留萌に到着。風景印を頂く。
11北海道4日目31




せっかくなので黄金岬にも行ってみることに。
ツーリングマップルを見ると女性の形をした珍しい灯台があるとも書いてあるのでそこも見つつ。

↓灯台「波灯の女」
11北海道4日目14
スカートだったので下から眺めてみましたが埋め立てでしたwなに、紳士のたしなみですよw
灯台として機能してるかは分かりませんが太陽光発電で光るようです。



黄金岬はまだ日暮れまで7時間近くあったのでただモニュメントのみ。

11北海道4日目15




どうも黄金岬の不完全燃焼感が残るので岬から少し上ったところにある「海のふるさと館」なる所に入ってみる。


海のふるさと館はガンダムの工場のようですw
11北海道4日目30

なぜここでガンダム?私、ガンダムには詳しくないので良くわかりませんがたぶんこの機体留萌に関係ないですよねw
館長か誰かの趣味なのでしょうか。銀賞と書かれた雑誌もありますし。

他に海のふるさと館っぽい展示も有りましたがガンダムを見てなぜか見る気がうせたので館を出て先に進むとします。


留萌を後にし走っていると丘の上に4台の風車が見えてきました。
これが上平グリーンヒルウインドファームか!と思い下調べによるとダートではあるが丘に登って風車の前までいけるということだったのでそれらしいダートに突入!

・・・・のぼりダートが終わってもそれらしい風景は見えません。
致し方なく携帯の電源を入れ現在地を確認すると、上平グリーンヒルウインドファームではありませんでした(^q^)
ダートの下り怖いです(汗

クソッ、偽者め!
時間は16時頃。苫前に着くまでに日よ暮れてくれるなよ。


といいつつ寄り道。観光バスから下りてきたかっこいいおじ様に「写真撮ってくれませんか」と止められたのでw
どうせなので私も撮ってもらう。
↓旧花田家番屋
11北海道4日目16
その昔ニシン漁の漁師達を収容した施設だそうです。重要文化財らしいですよ奥さん。

ここらへんから向かい風がつらくなってきますが目的地に明るいうちに着くためにもがしがし走ります。


すると今度こそ出現。上平グリーンヒルウインドファーム!
11北海道4日目17


どこから上るかよく分かりませんでしたがそれっぽい道を発見。あれ?ダートじゃない。
11北海道4日目18



上りきると風車がたくさん!
11北海道4日目22



牛の放牧もやっているようです。
11北海道4日目19

振り返って風車をもう1枚。
11北海道4日目20

再び牛のほうを見るとなぜかすごい集まってきてましたwなにもやらんぞw
11北海道4日目21





車の跡があったので風車の下まで行くことができるようです。
11北海道4日目23

風車の真下より。
11北海道4日目24


先ほどの上りはダートではありませんでしたがここより奥に行くとダートだったのでウインドファームはこれにて終了。
どうやら紹介されていた道ではない所を通ってきたようですね。舗装路なので楽でしたが。

さて、今日のチェックポイントはこれで終了。あとは苫前まで走るのみです。

今日は苫前夕陽ケ丘オートキャンプ場に泊まります。このキャンプ場は道の駅風Wとままえに隣接していて便利だそうな。
ここの道の駅自体かなり施設が充実しており、レストラン、カフェ、温泉、宿泊施設となんでもござれ。
期待が膨らみます。

↓キャンプ場到着。夕焼けに間に合いました。サイト代金500円
11北海道4日目25

11北海道4日目26
日が出ているうちより沈んだ後の方が綺麗な落ち着いた感じがして好きです。

夕焼けを見たらテントを張り温泉へ。この時チャリダーを発見。また後で話しかけてみることにします。
まず道の駅内で電源を探す。休憩所が温泉の脱衣所前にあるということなので入浴料金を払い中へ。
すると既にコンセントには先客。残念ながらコンセントの口は1つ。
そこで昨日買った延長コードの出番である。
1口を3口に増やすことで一緒に使わせてもらうことに。

そんな彼は北大の学生。なんでも実家は京都で大学から反時計回りにヒッチハイクで北海道を回り、実家へ帰るとの事。
また、温泉マニアであり旅行中温泉ばかり回っているそうでここの温泉は循環だったと嘆いていましたw
彼、大学内にこっそり宿泊施設を作っておりいつかはライダーやチャリダーご用達の施設にしたいそうです。
それって平気なのかと聞いてみると有名になれば大学側も何もできないとの事w
有名になる前に怒られないようにしなくてはなりませんね。

カメラと携帯を充電している間に温泉へ。
なんだかんだで昨日は銭湯に行かなかったので体を洗うとさっぱり!
ただ股関節あたりが服とすれてひりひりしはじめていた。
そして温泉につかった瞬間飛び上がるのだった。ここの温泉は塩が入っているw

休憩所にはまだヒッチハイカーの彼が残っていた。一緒に写真を撮り分かれる。ここでまた車を拾うそうだ。
私はそのままレストランへ。ジンギスカン定食800円を注文。
走り始めて初の肉。。ちょっと硬いがなかなか旨い。味噌汁とかもついてましたし。

テントに戻るとテント内部外部共に濡れている。なんで?夜露?なんて思ったが結露である。
太陽が出てる間にテント張るとこうなってしまうのか。ぐぬぬ。

明日の朝の濡れ具合が怖いがとりあえず就寝。結局この日は先のチャリダーとは話せなかった。

4日目のルート






●支出
・朝食(セイコー浜益)
 →206円
・昼食(セブン留萌増毛店)
 →408円
・切手(留萌、苫前)
 →50円×2
・補給(セイコーしらとり)
 →88円
・補給(ローソン留萌鬼鹿店)
 →250円
・アイスクリーム(風Wとままえ)
 →300円
・ジンギスカン定食(風Wとままえ)
 →800円
・キャンプサイト(苫前夕陽ケ丘オートキャンプ場)
 →500円
・入浴(風Wとままえ)
 →500円

計 3152円
スポンサーサイト


コメント

  1. ノンケ女医 | URL | JalddpaA

    牛が集まってくる写真、めちゃくちゃ笑ってしまいました。
    びっくりしただろうね。

    モニュメントなどの被写体を、きちんと観察・考察してブログに載せているのは、感心感心。いい文章だと思います。

  2. neshi | URL | -

    >>ノンケ女医さん
    不思議なことにここの牛しかこんな反応しなかったんですよ。
    たいていの場所の牛には無視されますw


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akishimaiandbicycle.blog103.fc2.com/tb.php/26-058a1a75
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。