--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道自転車旅行3日目~トンネルを抜けるとそこはトンネルだった~

2011年09月13日 22:14


北海道自転車旅行 3日目 
8月21日


5時10分頃起床。同室のライダーはまだ起きていないためなるべく音を立てずに荷造りし出発。
天気は曇り。しかし近場のサンクスで食事をしているとほのかに顔に雨を感じたため先を急ぐ。

36号→46号と進みまずは北広島駅を目指す。
途中サッポロビールの工場らしきものがったが華麗にスルー。未成年ですし雨ちょいとつぶ大きくなってましたし。
途中、島松駅が見えたので寄ってみるも結局もとの46号へ。

        ↓島松駅横の踏み切り。雨は止み始めた。
11北海道3日目1


雲は依然厚いものの雨は止んだ。そんな線路沿いを走っていると北広島駅に到着。
北広島駅横にはサイクリングロードが整備されており東札幌まで抜けれるという。
看板には「きたひろしまサイクリングロード」と書かれているがロード内でさまざまな名称を目にするのでどれが本当の名前なのかよく分からない。

↓サイクリングロード内(左上→右上→左下→右下の順)
11北海道3日目2


上段の写真のように線路沿いを走っているため列車と併走できる。
道路もなかなかの広さ。自転車と歩きしか入れないのにこの広さは豪勢だ。

途中で自転車の駅なる公園を発見し休憩。MTBのおじさんがいたので世間話。
地元付近の鎌倉の話題で話が弾む。考えてみたら結構長い間鎌倉走っていない。

サイクリングロードは変化に富んでおり長い間走っていても案外飽きない。関東よ見習うべしw
途中に「冒険コース」なる自転車の遊び場(明らかに子供用)が合ったため荷物満載の状態で斜めったカーブを走ってみたりしたがお散歩中の地元の方の目が痛いw

そんなアホなことをしている間にサイクリングロードは終了。空もいつの間にか青空になっていた。

札幌市街を観光すべくペダルをこぐ。
途中で郵便局を発見し風景印をはっと思い出す。昨日はそれどころではなかったので忘れていたようです。
もらえるかなぁと思いつつ局内に入るとATMの先にいけない。今日、日曜ではないかw
札幌の印は無しかとガッカリしつつ再度市街へ出発。

↓観光その1 さっぽろテレビ塔
11北海道3日目3
とりあえず目に飛び込んできたテレビ塔へ。天気はいつの間にか上着がいらぬほどに。
東京タワーに似てかっこいい。なぜスカイツリーはあんなデザインになってしまったのか。東京タワーのほうがずっとカッコいいデザインだと思う(関係ない
ひとまずベンチで休憩。横におじいさんが座ってきたので暑いですね~ならなんやら世間話。
そして暖かさにやられうたた寝w

おばあさんの声ではっと目が覚める。どうやら横で同じく寝てしまっていたおじいさんの奥さんのようでずいぶんと探し回っていたようである。
おじいさんに別れを告げ時計を見ると11時過ぎ。40分近く寝てしまった。

次の目的地をすすきの付近に決め出発。すすきのはライダー情報ではピンクな場所だとしか聞けなかったので特に店には入りませんが映画ガメラ2でレギオンフラワーが咲いた場所なのです。せっかくなので見に行こうと。
・・・思ってましたが迷いました。都会は怖いですね。みんな同じ風景に見えるw
時間もあまり無いので今回はパス。次回があることを匂わせてますがおそらくありませんw




迷いながらも道庁旧本庁舎へ

       ↓旧庁舎では結婚式が!
11北海道3日目4

道庁って結婚式できるんですね。お幸せに。
終わりまで見ていようと思いましたがまだ入場したばかりでしたので先に旧庁舎内を見ることに。
見るといっても中の展示品を眺め、建物の写真を撮るのみ。大きなアンモナイトには流石に興奮しましたけどw
観光案内の部屋ではおじさんが暇そうにしていたので日曜でもやっている郵便局が無いかと聞くとここら辺では札幌の集配局がやっているそうな。
せっかくなので旧庁舎のスタンプを地図に押し結婚式の様子を見に戻る。

式は終了間際。風船が空を舞い終了。
結婚式を見るのはいいですが自分が当事者になりたいとは思いませんね。相手がいるのかという話が先ですがw

 

      ↓お次は北大植物園へ
11北海道3日目5

緑がまばゆい!寝転がりたくなります。

園内にはアイヌ資料館などもありなかなか楽しめる施設ではないでしょうか。
日本最古のライラックなども植わっていましたが私にはどうもピンと来ませんでしたw
また、バラ園は少し時期を逃したようで咲いている花は少なかったです。
他にも温室がありますがここはちょっと私は無理でした(汗
入り口から顔を入れた瞬間大量のうつぼかずらが垂れ下がっていたときはぞっとしましたw植物でもちょっと無理です。

植物園を後にしてかの有名な時計台へ。

↓ガッカリしていってね!(お約束
11北海道3日目6ビルの立ち並ぶ中にいきなり現れる時計台。
とりあえずおさえで、という気持ちで来たので。ガッカリ?期待してなかったのでガッカリしないよ!
それでもここが一番観光客が多かったです。



自転車を止める場所も無いので写真だけ撮って次は札幌郵便局へ。

↓風景印1つ目!
11北海道3日目71つ目の印は札幌となりました。
絵柄はテレビ塔と時計台。
地図に押すというとやはり珍しがられますね。



印を押したら既に時間は13時半頃。昨日の遅れ分も走る予定なので先を急ぎます。
5号線で北上し、名前がいつの間にか231号線に変わる頃には風景も畑ばかりに。
地図上での名前はオロロンライン。小樽から稚内まで続く海沿い道路の総称です。

途中で雨が顔にあたったので途中の海鮮レストランオールドリバーなる所に避難。
道の駅ではないですがそれに類する場所でお土産などが売られていました。特に何を買うでもなく冷水機の水を飲んでました。

外に出ると何事も無かったのように良い天気。小雨がちょいと降っただけのようですね。
再び北上開始。

       ↓行く手には雲が広がるも旅初風車に気分はルンルン。16時頃。
11北海道3日目8


       ↓望来あたりでオロロンラインより海沿いを走ると何も無い北海道っぽい風景が。
11北海道3日目9

       ↓風車がまだ珍しく見える頃
11北海道3日目12


               ↓フライデーナイトファンタジーを流したくなるw(金曜ロードショー
11北海道3日目10


       ↓夕焼け。下のススキがなかなかいい味を出しているのではないか。
11北海道3日目11



日が暮れる前にキャンプ場に着きたかったが流石に無理であった。厚田のセイコーマートで進むかどうか迷うも謎の使命感に突き動かされ予定通走ることに。誰からも命を受けてないですけどw

再び走り始めると今までと違いアップダウンの数が多い。またトンネルも登場し後ろからの轟音におびえながらペダルをこぐ。
サドル下にライト付けといてよかったと心から思う。かっこ悪いから旅終わったらはずすけどw

トンネルから出るとまたトンネルだった。そのトンネルを抜けると上り坂だった。という道を繰り返し薄暗い中ひーこひーこら走るとなんとか石狩市川下海浜公園に到着。日は既に暮れていた。時刻は19時4分。

キャンプ場には学生や家族ずれが6組。一人は私だけでした。
初のテント泊。カツカツとテントを組み上げ、荷物を降ろし、近くのセイコーマートへ夕食を買いに行く。
このときLEDライトを持って行こうとスイッチを入れるも電気がつかない。壊れたかと思い電池ボックスにあたる部分を空けてみると電池が無いww
そういえば震災時に液漏れすると困ると思って抜いておいたのでしたw
幸いウォークマン用に持ってきた単四電池があったのでそれを使用。

セイコーマート前で夕食を食べキャンプ場近くのトイレに入ると換気扇用のコンセントを発見。すぐにセイコーマートに戻り延長コードを購入。そしてトイレで携帯とカメラの充電開始w良い子は真似しないでください。

自転車はテントの横に倒し、友人がくれた100均の自転車カバーをかけておく(ドロップハンドルは納まらないようだ)
空を見上げると星空。流石に北海道都市から70キロ近くでこの星空か。首が痛くなるのでさっさと切り上げテントへ。
写真はありません。私にそんな腕はありませんので。コンデジですし。
風呂も5キロくらい戻ればあったのですが面倒なのでパス。
テント内で音楽を聴きそのまま就寝。枕はモンベルの雨具がぴったり。

まだ旅が始まったばかりだからか結構疲れた気がしたのでした。

3日目のルート


●支出
 ・朝食(サンクス 千歳)
  →393円
 ・切手
  →50円
 ・昼食(サンクス 札幌駅東口)
  →355円
 ・補給(セイコーマートよしの)
  →98円
 ・補給(セイコーマート厚田)
  →362円
 ・夕食(セイコーマート浜益)
  →356円
 ・電池、延長コード
  →1588円
 (電池はキャットアイのライト用に。ダイナモの予備として。)

計 3202円


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://akishimaiandbicycle.blog103.fc2.com/tb.php/23-cc31936a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。