--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道自転車旅行11日目 さらば五湖よ峠よ

2012年03月23日 22:42


北海道自転車旅行 11日目 
8月29日


朝6時起床。
久しぶりの布団だからかゆっくりと寝てしまいました。
さて、今日まずは知床五湖へ行きます!

↓ということで荷物パージ。
11北海道11日目1
ユースは知床五湖までの一本道の途中にあるので荷物を置かせてもらって帰りに回収します。

五湖までは多少のアップダウンがあるものの景色がいいのであまり気にならずスイスイと走ると

↓??
11北海道11日目2
なんでも7時半~18時半の間しかこの先は行けないのだとか。現在時刻7時15分。まぁ少し待ちましょう。
ちなみにこのロープのある道の右にはカムイワッカ方面の道がありますがダートです。パンクが怖いので行きませんw

7時半になると車でやってきてロープを外しはじめました。
おじさんが「先に行っていいよ」と言ってくれたので役所(?)の方より先に五湖へ。

五湖駐車場に着くと車0。なんかすごい贅沢な気分ですw
↓到着
11北海道11日目3

さて、五湖の観光には今年(2011年)から色々と変更になっているようです。
毎年マイナーチェンジはあるのでしょうし昔と同じようには観光できないみたいです。
現在無料で入れるのは電気が走ってる高架木道、そして有料かつレクチャー付でトレイルに入れます。

↓まずは木道で一湖でも見てみる。
11北海道11日目6
朝一番だからか人が少なくて静かです。
11北海道11日目4
11北海道11日目5

木道あたりは自転車で走ってきた身としてはどうも見慣れたような雰囲気がします(笑
ココはしっかり払うものを払って全部しっかり見てきましょう。

今は植生保護期にあたるので250円払いレクチャーを受けるだけで二~五湖を見に行けますがヒグマ活動期にはツアーでしか入れないようです。詳しくは知床五湖のHPを見てください。

↓レクチャーという名の映像を20人ぐらいで見ておのおの出発。
11北海道11日目7



↓ちょいと歩くとすぐそこ「五湖」
11北海道11日目8
11北海道11日目9
どんなふうに写真を撮っても綺麗に見えますな~。木々も山も綺麗に湖に写りこみます。


↓五湖のすぐ横の「四湖」
11北海道11日目10
11北海道11日目11
11北海道11日目12




↓「三湖」
11北海道11日目13

アシカタか何かがかけてきそうな道のり。
11北海道11日目14

11北海道11日目15
11北海道11日目16




↓「二湖」付近。途中カップルに捕獲され写真を撮って欲しいといわれたので悔しいながらも私も1枚撮ってもらいました。
11北海道11日目17
11北海道11日目18
11北海道11日目19


↓二湖を過ぎると出口の木道へ。最初に来た無料で入れる木道です。
11北海道11日目20

ぐるっと見たのでそろそろ知床五湖を後にしましょう。
11北海道11日目21



自転車で気持ちの良い道を走りたいなら知床では五湖からの帰り道(ユースまで)の下りが一番いいかもしれません。
11北海道11日目22

↓垂直落下するかのような道。そんな登った気は無いのに結構驚きましたw
11北海道11日目23

このあたり鹿が結構いるのですがもうありがたみ無いです。逆に道路にいて邪魔ですw


ユースに戻りペアレントさんに荷物のお礼を言い、再度自転車に装備。
さらば岩尾別ユース。夕食おいしかったですよ。

さて、ここから例の急カーブ坂を登り、知床横断道路に復帰。
知床峠に向かう前にもうひとつ寄って行きます。

↓五湖への道のすぐ横からフレペの滝を見に。
11北海道11日目24
11北海道11日目25


↓乙女の涙ことフレペの滝。
11北海道11日目28
ドバドバと落ちる滝と違い、やさしく海へと流れています。

滝横には絶壁に灯台。これは見に行きたい!
11北海道11日目27
とか思っていたのですが進入禁止でしたorz

知床横断道路沿いの休憩施設へ歩いて戻ります。
いやーどこの写真とってもいい感じの雰囲気が出るなぁ。
11北海道11日目29

休憩施設でゆっくりのっぺり
↓(イメージ画像 のっぺり)
11北海道11日目30
コーラ飲んで昨日買っておいた菓子パンを食べての~んびり。
さて、知床峠行きましょうか。

12時06分、93号と横断道路の分岐より出発!
特に何も考えずがしがし登ります。

↓天気が良くて気持ちが良い。
11北海道11日目31

↓羅臼岳をバックに一枚。
11北海道11日目32

↓今まで登ってきた道が見えます。
11北海道11日目33

このあたりで子供が車から手を振ってくれてテンションアップ。全力で振りかえしてやりましたよ。


↓羅臼岳。空が青い。
11北海道11日目34

風景を撮りつつのっぺり登ると知床峠到着。
↓13時31分。
11北海道11日目35
所要時間1時間と25分ですね。測ってみたはいいものの比較対象が無いのでよくわかりませんw

知床峠上には観光客がちらほら。自転車を見て苦笑いの人多数w
夏場のいい天気なのに峠には観光客少なめ。あんまり観光として行く所ではないのか?

↓羅臼カントリーサイン
11北海道11日目36
峠で町が変わるようですね。
といっても羅臼では特に行きたいところは無いのでスルーですw



さらば羅臼岳、知床峠。
11北海道11日目37


峠を登れば下らねばならぬ。峠の嫌なところはそこである。
ブレーキシューが減るのが嫌だ(本末転倒である
11北海道11日目38

マファックの純正シューは父より替えを1組は貰っているがそれだけである。
互換性のあるシューも最近発売したらしいですが効かないことに定評のある純正シューは取っておきたいものである。
よって私は替えが簡単な第3のブレーキを使うのです。

フットブレーキ。

良い子はまねしちゃいけません。
いやーいい具合に踵が磨り減りました。シューはぜんぜん減りませんでした(本末転倒

後ろの車にすまぬすまぬと下っていくと噂の熊の湯に到着。
11北海道11日目39
熊の湯は地元の方が管理している無料の露天風呂。
ネット上ではマナーが大変厳しいとされていますがしっかり注意書きを読んで行動すればなんともないです。
体を洗い湯船に入るといい感じにアッツアツ。体にジ~ンときます。

まだ14時代なのに湯には4,5人地元の方が入ってらっしゃいました。
年齢が自分近そうな人が年配の方と船の燃料があーだこーだと話しているのを聞くとなんとも自分が情けなく感じるなと。

脱衣所の募金箱に50円以下の小銭を全部突っ込み出発。


町まで下ると。郵便局の文字。そういえば今日は月曜日、やっと風景印をいただける。
↓羅臼郵便局風景印。
11北海道11日目44

さて、セイコーマートで腹に食事を突っ込み今後の予定を考える。
当初の予定では羅臼のライダーハウスにでも行こうかと思っていましたがいまだ15時。
実のところネット上では最近台風が北上してるとの事。ウーム、これは早期旅行終了も考えねばならぬか。
と、いうことで走れるとこまで走ります!

出発!

↓出鼻をくじく霧。
11北海道11日目40
アッレー?岬ではあんなに天気が良かったのにどういうことですか。

ともあれ335を南下。
羅臼峠なんて表示もあったが登った覚えは無い。

ガシガシ走って地図を見ようとして止まると右膝に違和感。おー11日目にしてやっときましたよ不調。
今日は峠も越えてきましたからね、多少疲労が溜まっているのでしょうかキリキリきます。
まぁだからといって走らぬわけには行かぬ。

さて、摩周まで行くにはちょいとこれからでは距離がある。
ウーム、中標津あたりが都会っぽいしそこらの公園でテントを張らせてもらうか。

よーし剣道1145号に入って近道だー!
↓街灯なし、左右農場or草原地帯
11北海道11日目41
あー暗くなって来たのにやってしまいましたね。街灯無し区間orz

しかしこの1145号。阿呆でも間違えないようなまっすぐな道。何も気にせずガンガンとばします。


街灯区間来たっ!
11北海道11日目42
街灯が灯るぐらい外は暗くなってきました。

しかしながら街灯区間はすぐ終了。左右草原の真っ暗の中のライドの始まりです。
中標津への近道774号。はてしなくまっすぐです。
怖いな~。何が怖いって、車。

あとこの辺のコウモリさん達は普通に突撃してくるので注意。2,3度ぶつかられましたw

へたくそな歌を大声で歌いつつガシガシ走る。

しばらく走ると南の空がほんのり明るく見えてきた。あぁ本当の暗闇とは今までのことを言うのか。
都会の夜の空とはいかに明るいのかと思い知った。北海道っていいな。

中標津に近づくと町自体はそこまで都会というわけではなかったよう。
明るかったのは町の光もあるがゴルフ場と空港があるのが大きいようだ。

中標津着。とりあえず皆の味方セイコーマートで夕食。あぁもうスパゲッティ旨いな!
夕食中に中標津の公園を調べるとなんでもキャンプ場のような施設もあるらしい。
だが熊がうんぬんなどとも書かれているので考え物。あんまり熊がどうこう言われるところで野宿したくないなー(今更

とりあえず公園方向へ走り出す。
と、100mも走らぬうちに1件のホテル、ビジネスホテルサトウを発見。
ほぅ、ビジネスホテルとな?泊まった事ないんだよなー。
入り口の前でウームと悩んだ結果。「右膝も不調だしビジネスホテルって泊まった事ないし」ということで今日はココにしよう。
普通あらかじめ電話するよな~と思いつつ自転車を外に立てかけホテル内へ。

予約とか無いことを告げるもフロントのお兄さんは気さくに対応。ちなみにこのときの私の第一声は「すいません、一番安い部屋は空いてますか」であるw
返答は「空いてます」。あぁよかった。

お兄さん「えーっと3300円のお部屋ですね。●●さ~ん、3300円でしたよね。」

●●さん「いや3500円だろ~」

お兄さん「あ、でも3300円って言っちゃったんで3300円でいいです。ニコッ」

私「アタフタ あ、い、いえ3500円でも結構です!」

お兄さん「アハハハ。」



はい、3300円です。

ちなみに●●さんはホテルの方ですよ。たぶん最初から3300円設定でジョークを言っただけなのでしょうね。
ふつーにびっくりしてあわててしまいましたよ(笑

↓3300円のお部屋(翌朝の写真ですが気にしない
11北海道11日目43
左の机が学校の机なところがいい味出してます(笑

自転車はフロント横の廊下に置いていいとの事で置かせていただき、おまけに荷物を運ぶための台車まで貸してくれました。

風呂は大浴場。誰も入っている人はおらず広い風呂をゆっくりと独り占めです!

ビジネスホテルサトウ、最安値3300円の宿。この値が意味することを私はこの頃まだ知りませんでしたが今なら言えます。
この施設でこの値段はすごすぎると。大満足です。


その後、部屋ではテレビでやっていた世界陸上を観戦。
またトラックで走りたいな~などと思いつつも明日も早いのでさっさと寝ます。
午前中観光だったわりによく走りましたしね。


●今日のルート


●支出
食費 2220円
知床レクチャー 250円
宿泊費 3300円

合計 5770円



~オマケ~
阿呆分身中
omake
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。